木村剛、小鳥(a little bird)に言及する


このエントリーをはてなブックマークに追加

ここからちょっと広告です。

広告は以上です。

僕は以前、大ファンの木村剛(以下「キム」)がBLOGを開始したことを記事にしたことがあります。
当然その記事はキムのBLOGにトラックバックを打っていたのですが、このたび、思わぬ余波が襲ってきました。

なんと、キム本人が、自分のBLOG「週刊!木村剛」で、僕の記事のことを話題にしているのです!

週刊!木村剛より:かめはめ波を真正面から受け止めて……

……ゴフッ(吐血)! こんなにびっくりしたのは数ヶ月ぶりです。僕は以前の記事で、以下のように書きましたが、

彼は絶対に逃げません。ドラゴンボールに例えて言えば、いつも、かめはめ波を真正面から受け止めてるようなものです。見ててハラハラします。

今度は、

キムから小鳥(a little bird)に向けて、
かめはめ波が放たれた

ようです。

kameha3.gif イメージ図

逃げるわけにはいきません。僕もキムに習って、正面からこのかめはめ波を受け止めようと思います。

んー……

………んー…………………

………………

無理! 全然無理。受けられませんでした。
だって、キムの記事中には、

私のモットーは「読者は神様です」なので、「神様」に対して感謝の気持ちを込めながら返信しておきたいと思います。

と書いてありますが、愛読者にとっては、著者が神様なわけですよ!
神から返信が来て、平常でいられますか!?

とりあえず、とにかくキムの顔についてだけは、ここで言及しなくてはいけません。

木村剛

彼の顔については僕の以前の記事でも言及しましたが、ここで改めて強調させていただきますが、不細工だとは一言も言ってないです。

むしろ不細工な要素はないです! しかし、数多くのメディアに露出するフェイスとしては、全く華のある要素が皆無だと、本当に普通のサラリーマン顔だと、僕の事務所にも数名いそうなタイプだと……全然言い訳になっていませんね……

しかし翻って考えてみると、このことはキムにとっては良かったことなのかもしれません。だって、頭脳と経験と情熱と胆力を武器に、自分より何百倍も大きい敵と正面から戦う、現代のファイターが、例えば、

hiromigo2004022601.jpg

こんな顔だったりしたら、ちょっと引きますからね。

一読者に対して、正面から返事をし、トラックバックまで打ってくれるキム。やはり熱い男です。格好いいっス。
みなさんも、ぜひ彼を要チェックしてください。

日本資本主義の哲学―ニッポン・スタンダード

Ads by Google

コメント

コメントは、Twitterやはてブに、以下のボタンから本記事のアドレスつきでツイート/ブクマしていただくと、上にあるzenbackのウィジェットに反映されます。
  このエントリーをはてなブックマークに追加
または同ウィジェット内のFacebookコメントでお願いしますー。

Facebookのシェアは……されても誰だかわからないのですが、シェア自体は嬉しいので、下にボタンを置かせていただきます。よろしくお願いします。