床屋の、インターネットに対する野望


このエントリーをはてなブックマークに追加

ここからちょっと広告です。

広告は以上です。

2003年夏の出来事。僕の友人が髪を切りに行ったときのこと。床屋の兄ちゃんが、急にこう言ってきたそうです。

床屋:「あのさ、インターネットって知ってる?

僕の友人はIT系のプログラマーなのですが、インターネットが普及しきったかに見える今になって、急にインターネットって知ってるかと聞かれ、相当狼狽したそうです。彼は自分が何に巻き込まれたのかも判らないまま、適当に相槌を打ってました。

友人:「ええ、一応は……」
床屋:「あのさ、インターネットに出会い系ってのがあるんだよ。それを使うとさ、例えば北海道に住んでるヤツと沖縄に住んでるヤツが、会ったこともないのに仲良くなったりするんだぜ。それってヤバくね?

ヤバいです。かなりヤバい人です。友人は怯えながら、次の言葉を待ちました。

床屋:「俺さ、最近、その出会い系を自分でやろうと思って」
友人:「はあ……」
床屋:「ところでキミさ、仕事なにやってんの?」
友人:「いや、そのインターネットの仕事を少し……」
床屋:「マジで!? じゃあ俺と一緒に、出会い系やらねえ?
友人:「いえいえいえ! 今忙しいので、申し訳ないですが……」

辛くも最初の難関は乗り切った友人ですが、その後、恐るべき事態が待ち受けていました。

床屋:「俺さ、もうすっかりやる気だからさ、投資もはじめてるんだよ」
友人:「(投資!?)へぇ、そうですか……」
床屋:「あのさ、最近俺、IBMホームページビルダーってのを買ったんだけどさ」
友人:「(投資ってそれかよ!)ええ……」
床屋:これ使ったら、出会い系作れるかな

友人はこの時点で何が何だか判らなくなり、半泣きだったそうです。
IBMホームページビルダーは、単にホームページを作成するソフト。複雑なcgiやらphpやらDBやらが絡みそうな出会い系サイトなど、作れるはずがありません。いや、そういうことを発想すること自体が、既に友人の許容範囲を大幅に越えていました。

散々迷った挙句、友人はこう回答しました。

友人:「ええ、作れますよ……」

それ以来彼は、その床屋には行ってないそうです。

色んな人が、色んな夢を持って生きてますね。

kamiyuinoteisyu2004030601.jpg

Ads by Google

コメント

コメントは、Twitterやはてブに、以下のボタンから本記事のアドレスつきでツイート/ブクマしていただくと、上にあるzenbackのウィジェットに反映されます。
  このエントリーをはてなブックマークに追加
または同ウィジェット内のFacebookコメントでお願いしますー。

Facebookのシェアは……されても誰だかわからないのですが、シェア自体は嬉しいので、下にボタンを置かせていただきます。よろしくお願いします。