異国に行く気分を、嫌々ながら味わう


このエントリーをはてなブックマークに追加

ここからちょっと広告です。

広告は以上です。

こんにちは。
実は3、4日前くらいから、「利用料金未払い」でTypePadから一時停止処分を受けていまして、更新ができませんでした。
そういえばクレジットカードを切り替えたのを、うっかり報告し忘れてましたよ。僕だけならいいのですが、Merlion's Roar薔薇と百合の狭間に咲く花の香りまで更新できなかったのかなあ……いや、でも更新してるなあ……

……支払いが止まってるのにTypePad Proを更新してる……これはもしかして裏技では!?

 
 
さて、この裏技は見なかったことにしまして。
 
 
 
今、僕はサンフランシスコに来てます。こっちは気温17度ぐらいで、過ごしやすいです。すごい霧が出てます。
今回、僕は、JALとかANAみたいな日本の航空会社ではなく、North Westを使ったのですが、機内で、こんな目に遭いました。

1.足が届かない
チェアに座ってると、足が届かないんですよ。微妙に足の裏が地面をかすってるだけ。
足をブラブラさせたまま、9時間のフライトに耐えるのは無理です。
僕の足が短すぎるのがいけないのでしょうか? 一応スチュワーデスに確認してみました。

僕:「すみません、僕の足が短すぎて、足が床に届かないんですけど」
ス:「え!? いや、そんなはずはないと思いますよ。座り方の問題だと思います」
僕:「いや、でも、どんな座り方しても、届かないんですよ。僕の足が短すぎるんですかね?」
ス:「いえ……いま改めて見てみますと、結構みなさま届いていらっしゃらないように感じられます……」
僕:「そうですか……慰めていただいて、ありがとうございます」
ス:「ワインなどいかがですか?」

この飛行機は、僕のサイズに合わせて作られていない」と強烈に思いました。


2.スチュワーデスが強そう
乗客全員に見える場所で、40歳くらいの、ガッシリした身体つきのスチュワーデスが、エビアン1リットルを、腰に手を当てて一気飲みしはじめました。
「ゴクゴクゴクゴクゴクゴクッ!」と大きな音が響き渡り、エビアンは、アッという間に空になりました。
息を呑んでその豪快な光景を見守っていると、水を飲み干したスチュワーデスは、一息ついて、

「イエスッ」

と気合を入れてました。目が真剣でした。

テロ対策のためのパフォーマンスとしても効果が高いな、と思いました。


3.飯が出すぎ
離陸してほどなく、スナック菓子とお酒が振舞われました。
そのスナック菓子の内容ですが、
  • ナッツ
  • 寿司
でした。

その後、食事が出ました。一生懸命腹につめてもうお腹いっぱいと思ったら、実はそれは前菜で、次にメインディッシュ(肉と米)が出てきました。その後、デザート(チーズとアイスクリーム)も出てきました。
食いすぎで死ぬ、と思ったのですが、スチュワーデスは、僕のテーブルに、葡萄をひと房置いていきました。
なのに……僕が腹が膨らみすぎて死にそうなのに……僕の横の人は、1時間後に、日清カップヌードルとバナナをガツガツと食していました。
6時間後には、朝食と称して、たっぷりのバターとパンが出ました。

乗客の白人女性は、みんな僕より太い腕をしていました。

「ああ、今から異国に行くのだなあ」と、しみじみ思いました。

nihonamerika2004072601

Ads by Google

コメント

コメントは、Twitterやはてブに、以下のボタンから本記事のアドレスつきでツイート/ブクマしていただくと、上にあるzenbackのウィジェットに反映されます。
  このエントリーをはてなブックマークに追加
または同ウィジェット内のFacebookコメントでお願いしますー。

Facebookのシェアは……されても誰だかわからないのですが、シェア自体は嬉しいので、下にボタンを置かせていただきます。よろしくお願いします。