レディコミとは……


このエントリーをはてなブックマークに追加

ここからちょっと広告です。

広告は以上です。

無知であることこそが、時には常識を覆すアイディアの源泉になることがあるのだなあ、と、つくづく感じます。

例えばレディコミについて。

先日、事務所で話していて、ふと「それってレディコミの世界みたいだね」という話になりました。

そしたら、なんだかそこで話が止まってしまいました。どうやら僕の話し相手は、レディコミが何だか全く知らなかったみたいなんです。

相手:「レディコミってなんですか?」
僕:「え? レディコミ知らないの?」
相手:「全然知らない。見たことないです……」
僕:「いやオレだって見たことないけど……コンビニでたくさん並んでるじゃん。表紙とか少女漫画の大人版みたいな」
相手:「ああ……嫁と義母が愛し合うみたいなヤツですか?」
 
 
 
 
 
それ、極北ですから!
嫁と義母が、旦那を差し置いて互いに互いをむさぼりあうわけですか? マニアックにも程があります。

次世代です。それは次世代レディコミだと思います。
  
 
 
いつでも、こんなアイディアがポンポンと出てくるような、そんな大人になりたいものです。
 
 
Hoshino2004121101旅をした人―星野道夫の生と死

[Amazonで詳細を見る]

Ads by Google

コメント

コメントは、Twitterやはてブに、以下のボタンから本記事のアドレスつきでツイート/ブクマしていただくと、上にあるzenbackのウィジェットに反映されます。
  このエントリーをはてなブックマークに追加
または同ウィジェット内のFacebookコメントでお願いしますー。

Facebookのシェアは……されても誰だかわからないのですが、シェア自体は嬉しいので、下にボタンを置かせていただきます。よろしくお願いします。