英単語の覚え方 -よけい覚えられなくなる編-


このエントリーをはてなブックマークに追加

ここからちょっと広告です。

広告は以上です。

中学生の頃、そもそも暗記モノが嫌いで不得手な僕は、英単語を覚えるのに苦心していました。
例えば、「John」。

いやこれを「ジョン」と読むのは判るんですよ。読むときは判るんですよ。
 
 
 
でも、書くとき。
 
 
 

「John」の「h」はなんだ!?、と。
「h」いらないじゃん!、と。
 
 
Jon」だったら超判りやすいのに! 「h」ってなんだよ!
なにそれ、覚えなきゃいけないの? どうしても? どうしても「h」入れなきゃいけないの? 慣習的に?
 
 
 
……しょうがない。覚え方を工夫しましょう。

と、言うわけで、僕は「John」を、

ジョヒン

と発音して覚えてました。
」のところに「h」への想いを託して。
 
 
 
こういうの、僕、いっぱいあります。

例えば、「night」。

いやいや、「ナイト」と読むのは判るんですよ。読むのは判るんですよ。
 
 
 
でもね、書くとき。
 
 
 
 
「gh」ってなんだよ! 「gh」絶対いらないじゃん! 発音思いつかないじゃん! 子音ばっかじゃん!

ナイト」だったら「nite」か「nait」じゃない? やっぱり。まあギリギリ「nit」だったら「ニト」って覚えるだろうけど「ナイト」と覚えてもいいよ。でも「night」は素直に「ナイト」って覚えたら、必ず書くとき「gh」を忘れる自信あるね。順番が判んなくなって「nihgt」って書いたり、「下に出てから上に出るんだよね」みたいな覚え方をして「niylt」とか書いたり、絶対するね。
 
 
だからぼくは「night」を、

ナイグリト

と発音して覚えました。「グリ」に「gh」への想いを託して。

」が「g」なのはいいとして、なんで「リ」が「h」なのかは、大人になった今、全く覚えていません。
でも当時はそれが最善の策だと思ったのです。
 
 
 
僕の英語能力がさっぱりなのは、案外こんなところに原因があるような気もします。
今年の僕の目標は、「英語力をあげる」です。
 
 
Moetan2005012001moetan 2 (上)

[Amazonで詳細を見る]

Ads by Google

コメント

コメントは、Twitterやはてブに、以下のボタンから本記事のアドレスつきでツイート/ブクマしていただくと、上にあるzenbackのウィジェットに反映されます。
  このエントリーをはてなブックマークに追加
または同ウィジェット内のFacebookコメントでお願いしますー。

Facebookのシェアは……されても誰だかわからないのですが、シェア自体は嬉しいので、下にボタンを置かせていただきます。よろしくお願いします。