「アタックNo.1」の歌詞に新説


このエントリーをはてなブックマークに追加

ここからちょっと広告です。

広告は以上です。

アタックNo.1の歌詞について、僕の周囲で新説が唱えられています。

今で僕は、「アタックNo.1」の歌詞を、以下のように聞き取っていました。

苦しくったって~
悲しくったって~
コートの中では~平気な~の~

つまり、「どんなに辛いことがあっても、自分はバレーボールが好きだから、わたし泣かない。コートのことが大好きなのよ」という意味だと、解釈していたのです。
いじらしいですね。涙を誘います。
 
 
 
しかし先日、友だちの友だちが、

「え? そうじゃないでしょ?」

と言い、こう書き始めたのです。
 
 
 
 

苦しくったって~
悲しくったって~
コートの中では~兵器な~の~

 
 
 
 
……えーっと……

バレーボールマシーンってことですか?

どんなに辛いことや悲しいことがあっても、コートの中に立ったとたん、メンタルスイッチが切り替わり、ゴルゴ13のように、あるいは「ZERO」の後藤のように、何の感情も持たない冷酷非情な戦闘機械と化す、という、そういう意味ですか?

あの、鮎原こずえちゃんが?

Ayuharakozue2005030301 鮎原こずえちゃん。別の見方

そう言われてみると、このは確かに怪しい……
ノーマルな精神状態ではあり得ない気がします。あの目は、何か途方もなく違法なドーピングですっかり瞳孔が開ききった状態か、あるいは無数の光学センサーで構成された眼球ではないでしょうか?

つまり生体的、あるいは機械的な、サイボーグ。
なんだか、浪花節なはずのアタックNo.1が、急にサイバーパンクな格好いい話に思えてきました。
 
 
上戸彩主演でドラマもはじまるらしい「アタックNo.1」。これを機に、もう一度アニメを見直してみるのもいいかもしれません。
 
 
Atackno12005030301アタックNo.1プレミアムDVD コンプリート・コレクション

[Amazonで詳細を見る]

Ads by Google

コメント

コメントは、Twitterやはてブに、以下のボタンから本記事のアドレスつきでツイート/ブクマしていただくと、上にあるzenbackのウィジェットに反映されます。
  このエントリーをはてなブックマークに追加
または同ウィジェット内のFacebookコメントでお願いしますー。

Facebookのシェアは……されても誰だかわからないのですが、シェア自体は嬉しいので、下にボタンを置かせていただきます。よろしくお願いします。