常識破りのスローフード・ラーメン屋


このエントリーをはてなブックマークに追加

ここからちょっと広告です。

広告は以上です。

このゴールデンウィーク、ラーメンを食べ歩きする人って、結構いらっしゃるのではないでしょうか?

そんなラーメン好きのあなたに、今日は、あらゆる意味でラーメンの常識をくつがえす、そして激烈に美味いラーメン屋を紹介します。

名前は桃桜林(とうおうりん)。都営浅草線中延駅から徒歩五分くらい。国道1号線沿いで、「チサンホテル」の向かいにあります(地図)。
住所は東京都品川区中延6-9-7。電話番号は03-3781-2988。営業時間は19時ごろ~23時ごろ。定休日は月曜日です。

ここのラーメンの、いったい何が常識を覆しているのか?
とりあえずラーメンって言ったら、豚骨とか醤油とかでスープに味が付いていて、熱々なところをガツガツと食べるじゃないですか。
でも、ここのラーメンは違うのです。つまり……

● スープは最上級国産シャモを丸ごと煮込んだだけ
本当にそれだけです。
「味がないじゃん!?」と思いますか? でも、味って、甘いとか辛いとかだけじゃないですよね?
ここのスープは、甘い辛いみたいな、はっきりと言葉にできる味付けはされていませんが、なんともいいようのない滋養を感じるんです。
ハッキリいって、すごい美味い。そして体がどんどん元気になっていきます。単純な味付けを超えた旨みが、凝縮されています。そして、時間が経って温度が下がるとともに、不思議なことに、味もどんどん変化していきます。
どうしても「もう少し味付けが欲しい」という方は、「アリアリで」と注文してください。調味料と醤油が足されます。
● 麺が延びない
ここの麺は、国産小麦を使って、毎日38食限定で、手打ちされます。
その結果、太く、異常にコシが強い麺ができあがります。
驚異的なことに、ここの麺は、いつまで経ってものびません

要は、「ゆっくりとラーメンを食べることができる」のです。いくら経っても麺は延びないし、冷めたら冷めたでスープが別の味を見せはじめる。
だからここの客は、他のラーメン屋みたいに一心不乱にラーメンをがっつかず、おしゃべりをしながら、麺を1本1本、ゆっくりと食べています。

果たしてこれをラーメンというのか? 色々意見があると思います。個人的には、麺とスープで構成された、新しいスローフードだと思っています。

さて、講釈はこのくらいにして、実物を見てみましょうか。
今回頼んだのは、餃子と、つけめんです。

Gyouza2005050103_1まずは餃子。箸と比べてみてください。バカでかいのがお分かりになるかと思います。
この餃子にも、シャモが使われています。そして皮は、ラーメンと同じ国産小麦の手打ちです。
皮がモチモチして、実もたっぷりつまっていて……ムチャクチャに美味いです。餃子だけでも店が開けるほど。

Tukemen2005050102次につけめん。麺は2種類。先ほど説明した国産小麦の麺と、全粒粉のみで作った麺。
優しい味のつけだれと、具がついています。具もかなり常識はずれです。メインはチャーシューとメンマ。チャーシューは手のひらのように分厚く、メンマは親指ほどのデカさがあります。どれも素材と調理法を厳選した逸品で、どう考えても原価割れしてます。
国産小麦はつけだれにつけて食べますが、全粒粉の方は、もし気が向いたら、塩だけで食べてください。この店には各国の塩が10種類くらい常備されています。どの塩も味が違う。色々食べ比べても美味しいのではないでしょうか?

Soup2005050101これがスープ。ただの白湯のように見えますか? 確かに甘いとか辛いといった味はついてないですよ。でも、これが美味しいんです。いくらでも飲んでいられる。飲めば飲むほど元気になる。
冬虫夏草のスープとかも、味は付いてないけど旨みがあって美味しいじゃないですか。あれと同じような感じです。
僕ははじめてこのスープを飲んだとき、こんなことを思い出しました。もう10年ほど前ニューヨークにいたとき、中国人以外にはほとんど知られていない、超高級北京ダックの店に行ったことがあります。
そこでは、お客に、「北京ダックを煮た後の煮汁」をスープとして出すんです。そのスープが、どうしようもない旨みに満ちていて、体中に鳥肌が立つほど美味しかったんです。
ここのスープは、その北京ダックのスープと、同じ味がします。

このお店、あまり本では紹介されていませんが、間違いなく、他の店とはケタ違いに美味しいモノを出します。
ただ、あまり「ラーメンだ」と思って食べないほうがいいかも。他の店のラーメンが食べられなくなります。
あくまでも「こういう新しい料理」だと思って食べることを、お勧めします。

あ、あと、食べてる最中、店の親父が色々と説明しますが、それをウザがらずに、むしろ積極的に聞いていると、色々なおまけを出してくれます。豚の肩ロースの特別チャーシューとか、別の種類の麺とか。
コミュニケーション能力に自信のある方は、トライしてみては(笑)?

ゴールデンウィーク中も普通に営業しているとのことですので、気が向いたら是非行ってみてください。翌日まで感動が残ること請け合いです。
そうそう、スープやチャーシュー、餃子は販売もしているので、買っていってもいいかもしれませんね。このスープを使って鍋とかやったら美味しいだろうなあ。
 
 
Ramenzu2005050104ラーメンズ DVD-BOX

[Amazonで詳細を見る]

Ads by Google

コメント

コメントは、Twitterやはてブに、以下のボタンから本記事のアドレスつきでツイート/ブクマしていただくと、上にあるzenbackのウィジェットに反映されます。
  このエントリーをはてなブックマークに追加
または同ウィジェット内のFacebookコメントでお願いしますー。

Facebookのシェアは……されても誰だかわからないのですが、シェア自体は嬉しいので、下にボタンを置かせていただきます。よろしくお願いします。