Windowsを操作して、深く哲学的な疑問を感じる


このエントリーをはてなブックマークに追加

ここからちょっと広告です。

広告は以上です。

Windowsって、本当に哲学的ですよね。だって……

 
Windows2005062701
 
 
Windowsがはじまると、まずはこの画面でしょ?

で、「スタート」ボタンをクリックすると、
 
 
Windows2005062702
 
 
 
こうですよ!
 
 
 
 
 
ん? よく判らなかったですか?
よーく見てみてください。
 
 
 
 
 
Windows2005062703
 
 
 
 
 
「スタート」をクリックすると一番近くに「終了」があるなんて、何か深い深いメッセージが込められているとしか考えられません。
 
 
 
 
ビルは、どのような思いで、ここに終了メニューを置いたんでしょうね?

世の中の儚さの表現でしょうか?
「止めず、乗り越えろ!」という応援でしょうか?
パソコンを捨てよ、町へ出よう」という呼びかけでしょうか?
 
 
 
一生に一度でいいので、ビルと夜通し語り明かしてみたいものです。
川べりでテントを貼って。満天の星の元。キャンプファイヤーを囲んで。マグカップでホットコーヒーを飲みながら。
 
 

今日は死ぬのにもってこいの日
ナンシー ウッド Nancy Wood Frank Howell 金関 寿夫 フランク ハウエル
めるくまーる (1995/10)
売り上げランキング: 765
おすすめ度の平均: 4.8
5 私のバイブル。
5 一冊で、永遠。
5 深く、とても面白い。

Ads by Google

コメント

コメントは、Twitterやはてブに、以下のボタンから本記事のアドレスつきでツイート/ブクマしていただくと、上にあるzenbackのウィジェットに反映されます。
  このエントリーをはてなブックマークに追加
または同ウィジェット内のFacebookコメントでお願いしますー。

Facebookのシェアは……されても誰だかわからないのですが、シェア自体は嬉しいので、下にボタンを置かせていただきます。よろしくお願いします。