中国4000年の歴史が示す! 洗濯物のたたみ方


このエントリーをはてなブックマークに追加

ここからちょっと広告です。

広告は以上です。

パクってばっかいるからパクられんだよ!

という新聞一コマ漫画のようなブラックジョーク参考も思いついてしまうような昨今、みなさまいかがお過ごしですか? いちるです。

 
ところで、僕はいつも、シャツをたたむとき、
「もっと簡単で綺麗なやり方はないものだろうか」
と思っています。どうもまどろっこしんですよね。特に袖の辺りとか……

 
そんな折、中国4000年の歴史が、このようなシャツのたたみ方を指南してくれました。
このやり方、一般的なんですかね? かなり感動したんですけど。

 
Tatamu2006012501  摺衣服

 
これはすごい! キャミもTシャツも長袖のシャツも、全部魔法のようにパパパッとたためてしまいます!

 
Tatamu2006012502 こういうタンクトップが……

Tatamu2006012503 こうやって……

Tatamu2006012504 左手を……

Tatamu2006012505 抜くだけで……

Tatamu2006012506 はいできあがり!

 
あー次の洗濯が楽しみだなあ!
このやり方でバンバンたたんでっちゃうYo!

 
いや、別に尻に敷かれてはいないですよ……

 
 
生きて死ぬ智慧
柳澤 桂子 (著), 堀 文子 (イラスト)

[Amazonで詳細を見る]

Ads by Google

コメント

コメントは、Twitterやはてブに、以下のボタンから本記事のアドレスつきでツイート/ブクマしていただくと、上にあるzenbackのウィジェットに反映されます。
  このエントリーをはてなブックマークに追加
または同ウィジェット内のFacebookコメントでお願いしますー。

Facebookのシェアは……されても誰だかわからないのですが、シェア自体は嬉しいので、下にボタンを置かせていただきます。よろしくお願いします。