安藤忠雄と赤瀬川原平についての私見


このエントリーをはてなブックマークに追加

ここからちょっと広告です。

広告は以上です。

ここに、2人の芸術家がいます。

 
1人は安藤忠雄。数々の賞に輝く世界的に有名な建築家であり、青山同潤会アパートのリニューアルも手がけています。

もう1人は赤瀬川原平。芥川賞作家であると同時に、「老人力」「トマソン」「新解さんの謎」などを提案した前衛芸術家でもあります。

 
で、ですね……

 
 
 
 
 
僕は、この2人の区別がつかないんですよ!

 
Genpei2006012701 赤瀬川原平

 
Tadao2006012702 安藤忠雄

 
ホント、似てるんです。
もはや顔では区別できない。表情で区別するしかない。

  • ダラリと笑っているのが赤瀬川原平
  • 深刻な顔をしているのが安藤忠雄

僕の中では、こういう風に分類しています。

 
もしかしたら、同一人物なのかもしれません。
2人ともアーティストだし、ありえないことじゃない。

 
 
連戦連敗
安藤 忠雄 (著)

[Amazonで詳細を見る]

 
新解さんの謎
赤瀬川 原平 (著)

[Amazonで詳細を見る]

Ads by Google

コメント

コメントは、Twitterやはてブに、以下のボタンから本記事のアドレスつきでツイート/ブクマしていただくと、上にあるzenbackのウィジェットに反映されます。
  このエントリーをはてなブックマークに追加
または同ウィジェット内のFacebookコメントでお願いしますー。

Facebookのシェアは……されても誰だかわからないのですが、シェア自体は嬉しいので、下にボタンを置かせていただきます。よろしくお願いします。