キリストと芸能人


このエントリーをはてなブックマークに追加

ここからちょっと広告です。

広告は以上です。

明日か明後日更新する!とか言いながら今日さっさと更新するわけですが。

 
電車内で、西洋世界全体を激怒させかねない、聞き捨てならぬセリフを聞いたので、ご報告します。

 
-------------------------------------------------------

 
帰りの電車内でのこと。
20代後半とおぼしき人2人が、会話をしていました。

見た目はサラリーマンではなく、もっとラフな感じ。
でも礼儀としてジャケは着ますよ、程度の方々でした。

 
別に話を聞く気はなかったのですが、2人のうち片方の、以下のセリフが、モーゼの十戒のように、突如僕の耳に轟いてきたのです。

 
 
 
 
 
 
 
 
「キリストって、芸能人で言ったら誰に似てるの?」

 
 
 
 
 
 
 
地獄行くよ!?
だってだよ!? 少なくとも「あの人、絶対神」と思ってる人がめっさたくさんいるんだよ!?
それを芸能人のカテゴリのどこかに当てはめようとするってことは、あなたの頭の中のカースト制度では、

芸能人>キリスト

ってことですか!?

 
不敬だなあ。周囲に外人がいなくて、ホント良かったです。
ま、これも八百万の神を有する倭国ならではの会話なのかもしれませんね。

 
 
ダ・ヴィンチ・コード(上) 角川文庫
ダン・ブラウン (著), 越前 敏弥 (翻訳)

[Amazonで詳細を見る]

Ads by Google

コメント

コメントは、Twitterやはてブに、以下のボタンから本記事のアドレスつきでツイート/ブクマしていただくと、上にあるzenbackのウィジェットに反映されます。
  このエントリーをはてなブックマークに追加
または同ウィジェット内のFacebookコメントでお願いしますー。

Facebookのシェアは……されても誰だかわからないのですが、シェア自体は嬉しいので、下にボタンを置かせていただきます。よろしくお願いします。