恐るべき子供たち


このエントリーをはてなブックマークに追加

ここからちょっと広告です。

広告は以上です。

先日、モスバーガーで、
子供二人が、戦慄するような会話を交わしていました。

 
 
その日は小雨が降っていて、僕は雨宿りも兼ねて、モスバーガーでぼおっとしていました。
すると、隣に3人の子供とお母さんが座ってきました。

お母さんは子供たちの対応に大わらわで、
何を話しかけられても「んーそーねー」しか言わない状態になっています。

 
 
その内、子供2人が、こんな会話をはじめました。

 
 
子供A:「丸1日ご飯食べないと死んじゃうんだよねー」

 
 
可愛いなぁ(´∀`*)ウフフ
ご飯毎日ママに作ってもらって食べてるんだもんねー。
1日ご飯食べなかったらどうなっちゃうか、想像もつかないねー。

 
 
それに対して、子供Bが反論します。

 
 
子供B:「えー、でも、おじいちゃんに1日ご飯食べさせなかったときは、生きてたじゃん」

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
食べさせてあげなよ(゚Д゚||)
何よそれ! おじいちゃんにご飯食べさせなかったってあんた!
ちょっとお母さん! 子供たちがすごい話してるけどいいんですか!?

 
 
一見、無邪気な会話に見えていたのですが、
もしかすると、とても深い闇を垣間見てしまっていたのかもしれませんね……

 
 
恐るべき子供たち
監督: ジャン=ピエール・メルヴィル

[Amazonで詳細を見る]

Ads by Google

コメント

コメントは、Twitterやはてブに、以下のボタンから本記事のアドレスつきでツイート/ブクマしていただくと、上にあるzenbackのウィジェットに反映されます。
  このエントリーをはてなブックマークに追加
または同ウィジェット内のFacebookコメントでお願いしますー。

Facebookのシェアは……されても誰だかわからないのですが、シェア自体は嬉しいので、下にボタンを置かせていただきます。よろしくお願いします。