中国の二足歩行ロボット


このエントリーをはてなブックマークに追加

ここからちょっと広告です。

広告は以上です。

中国は、4000年の歴史を誇る、奥の深い国です。
最近では、経済技術での進歩も、著しいものがあります。
中国の政治化トップ1~7までは全員理系出身。科学に対する姿勢の強さを感じます。

 
当然、ロボットに関する技術も、日本と比較にならないほど進んでいるようですね。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Robot2006062204人は入ってません…中国ロボット人力車夫

実はこの男性、北京の発明家でロボットは自作。男性にとって「人力車機器夫(レンリーチャージーチーフ=ロボット人力車夫)」の実現は20年来の夢だった。1年がかりで、このために貯金した8000元(約11万6000円)を投じて実現したという。
前進だけでなく、後退も可能で、電池で6時間で8キロを走破することが可能だ。


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
半端ないよ!
先行者以来の衝撃だよ! まるでおとぎの国だよ! ツッコミどころが多すぎて言葉にならないよ。

 
 
 
 
でも、改めて良く考えてみると……

 
 
 
 
Nihonchugoku20060622

 
中国ってこんな国ですものね。
何でもアリなんだと思います。とても勝てそうにありません。

 
 
旅の指さし会話帳DS 中国
任天堂

[Amazonで詳細を見る]

Ads by Google

コメント

コメントは、Twitterやはてブに、以下のボタンから本記事のアドレスつきでツイート/ブクマしていただくと、上にあるzenbackのウィジェットに反映されます。
  このエントリーをはてなブックマークに追加
または同ウィジェット内のFacebookコメントでお願いしますー。

Facebookのシェアは……されても誰だかわからないのですが、シェア自体は嬉しいので、下にボタンを置かせていただきます。よろしくお願いします。