大人への階段を昇りはじめた瞬間について


このエントリーをはてなブックマークに追加

ここからちょっと広告です。

広告は以上です。

大人になる瞬間って、いくつかあると思うのですが、
そのうちの1つに、
「他人の嘘を許してあげたとき」
っていうのがあると思うんです。

僕の場合、それは小学3年生くらいのときでした。

 
-------------------------------------------------

 
当時、僕の学校では、ルービックキューブが流行っていました。

ルービックキューブは、キューブを回して、それぞれの面に同じ色を集めるゲームです。
1面を1色に染めるのは簡単なのですが、その後が難しく、6面そろえる方法は、数パターンしかありません。

6面そろえられた人は、神と崇められていたので、みんな目指していました。
しかし、インターネットも携帯電話もない時代、情報交換手段は本当に限られていて、だから、達成できる人は、ほとんどいませんでした。

 
 
そんなある日。

あいつ、名前なんて言ったかな……岩崎だったかな……彼と、ルービックキューブについて話していました。
岩崎は、こう言いました。

岩崎:「ほんと、あとちょっとなんだけど、どうしても6面そろえられないんだよなー」

岩崎は、いつもちょっと頭のいいことを言って、同級生や大人をギャフンと言わせるのが好きな、そんな男の子でした。
当時僕は1面しかそろえられなかったので、

僕:「へー、でも1面以上そろえられるだけで、すごいよー」

とかなんとか言っていました。

 
岩崎は、こう言葉を続けました。

 
 
 
 
 
岩崎:「5面まではそろえられたんだけどなー。あと1面なんだよなー」

 
 
 
 
 
 
 
 
 
ご~め~ん~は~あ~り~え~へ~ん~や~ろ~。

5面そろったら、自動的に6面そろうやろ~。
僕は瞬時にそのことに気づきました。

 
でも……

 
まあ別にここでそれを指摘したって、何かいいことがあるわけではないし……
それに、今気持ちよく会話できてるし……
岩崎だって、悪気があって言ってるわけじゃないし……

 
そして、僕は、岩崎のその一言を、笑顔でそのまま受け流しました。
その瞬間、僕は大人への階段を昇りはじめたんだと、今思い返すと、そう思います。

 
 
想い出がいっぱい~the 21st century~
H2O

[Amazonで詳細を見る]

Ads by Google

コメント

コメントは、Twitterやはてブに、以下のボタンから本記事のアドレスつきでツイート/ブクマしていただくと、上にあるzenbackのウィジェットに反映されます。
  このエントリーをはてなブックマークに追加
または同ウィジェット内のFacebookコメントでお願いしますー。

Facebookのシェアは……されても誰だかわからないのですが、シェア自体は嬉しいので、下にボタンを置かせていただきます。よろしくお願いします。