富士山頂のモバイル野郎


このエントリーをはてなブックマークに追加

ここからちょっと広告です。

広告は以上です。

1泊2日で、富士山にご来光を見に行きました。
その頂上近くの下山道で出会ったのが、彼↓

 
 
 
 
 
Mobile2006082501

 
 
 
 
 
僕が今まで会った人の中で……

 
 
 
 
 
最強のモバイル野郎です!
格好は短パンタンクトップ
この服装は、あらゆるガイドブックに、
「こういう格好で富士山に登ってはいけません」
と書いてある典型的なNGファッションです。
ノートパソコンには専用の携帯ホルダーがついていて、
携帯がなんと2本も刺さっています。

何よりも、ここは富士山の山頂近くです。
富士山は酸素が少なく坂も急です。
だからできるだけ荷物を少なくして登るのが鉄則。
ノートパソコンなど、論外中の論外です。
ネットなんて、何もこんなところでやらなくても、
降りてからやれば思う存分やればいいと思いませんか?

 
 
いやー気合入った若者だなあ。
今年のアルファブロガー2006は彼でキマリですよ。
それにしてもそのモチベーションの源は、
一体なんなのでしょうね。
どうしても不思議だったので、
ちょっと聞いてみました。

 
そしたらその若者は、
既に10時間くらい、崖を登ったり、
極寒の中朝日を待ったり、急な砂利道を延々と降りたりして、
すっかり疲れきっている僕ら(4人+犬)の目の前で、
さわやかに笑って、
その正体を教えてくれました。

 
 
 
 
 
若者:「実は、携帯の電波の入り状況を調べてるんですよ」

 
 
 
 
 
どうやら仕事だったようです。
彼の仕事は、
携帯がちゃんと富士山で電波を受信できるかを、
チェックすること。

よく、山手線を1周して電波の入り状況を調べる仕事がある、
という話を聞きますが、それの富士山版ですね。

キツさが違いすぎて、とても同じ仕事とは思えませんが。

 
彼は、頻繁に、
日本一高い山を登ったり下りたりしています。
僕らが快適に携帯を使えるのは、日本中で、
こういうテスターさんが頑張って
いらっしゃるからなのでしょうね。

いやー感心しました。
メトロ赤坂見附駅という東京のド真ん中の
基地局すらブッ壊れているHotSpotとは、
えらい違いですね……

 
 
ビル・ゲイツの面接試験―富士山をどう動かしますか?
ウィリアム パウンドストーン

[Amazonで詳細を見る]

Ads by Google

コメント

コメントは、Twitterやはてブに、以下のボタンから本記事のアドレスつきでツイート/ブクマしていただくと、上にあるzenbackのウィジェットに反映されます。
  このエントリーをはてなブックマークに追加
または同ウィジェット内のFacebookコメントでお願いしますー。

Facebookのシェアは……されても誰だかわからないのですが、シェア自体は嬉しいので、下にボタンを置かせていただきます。よろしくお願いします。