コメディアンの戦闘能力について


このエントリーをはてなブックマークに追加

ここからちょっと広告です。

広告は以上です。

不思議な事件です。通常起こりえない……

しかし、笑いには、
自分より遥かに大きいものと戦う力があることを、
思い出させてくれました。

 
-------------------------------

 
Colbert2006080304_2スティーヴン・コルベアというコメディアンが、アメリカにいます。
政治的なジョークが得意で、最近は特に、
ブッシュ政権の褒め殺し芸で有名です。
Time誌の「全米で最も影響力のある100人」にも選ばれています。
雑誌「WIRED」の今月号の表紙にもなってますね。iPodをノコギリで切ってる

 
そんなコルベアを、一体全体何をどう間違えたのか、
ホワイトハウスは、ブッシュ大統領の晩餐会に招いてしまったのです!

しかもブッシュ大統領の隣の隣という、超VIP扱い。
当然スピーチも頼まれます。

 
 
コルベアにスピーチを頼んでしまったのです。

 
 
Colbert2006080301

コルベアは、自分のやるべき仕事をキッチリとこなしました。
詳しくは町山さんのブログを読んでいただければと思いますが、
ちょっとかいつまんだだけでも……

お話を始める前に、カクテルのお代わりが欲しい人はそれを隣の人に告げてください。
すぐにNSA(国家安全保障省)がいつものように盗聴して注文をお持ちします。
私は、国民をできるだけコントロールしない政府こそがいい政府だと考えます。
その意味でアメリカはイラクに素晴らしい政府を作りました。
(イラクの無政府状態をからかっている)
最近の世論調査で、ブッシュ大統領の支持率は
史上最低の32パーセントまで落ち込んでいることは知ってます。
しかし私も大統領も、世論調査なんか気にしません。
世論調査なんてものは「現実的」に考える連中を反映したデータにすぎません。
皆さんご存知のように、現実なんてものはリベラルのたわ言です。
私が言いたいのは、
ブッシュ大統領はこれで終わりじゃないということです。
こんなの大逆転の前の子守唄みたいなもんです。
『ロッキー』みたいなもんですよ。
今のブッシュ大統領はロッキーで、チャンピオンのアポロは……
彼以外の全世界です。
<中略>
ロッキーのように何度でも立ち上がります!
そして最後にロッキーは……
あ、結局勝てないんだっけな
私はこの大統領を支持します。
なぜなら彼は何かのために戦うからです。
それだけでなく何かの上に立ちもします
たとえばペルシャ湾の空母とか、911テロの瓦礫とか、
最近はハリケーンにやられた街の廃墟に立ちました。
彼の姿は、アメリカは何かされれば必ず反撃する、という意志を表明しています。
世界で最も強力なヤラセ写真によってね。
ブッシュ大統領の最も素晴らしいところは、決して信念を曲げないことです。
月曜日に信じたことを水曜日に変えたりしません。
火曜日にどんなことがあったとしてもです。
情勢がいくら変化しようと大統領は考えを決して改めません
こうして大統領のお側に立てて感動している私ですが、
会場を見渡すと、アメリカをダメにするリベラルなマスコミ人だらけで反吐が出ます。
いや、FOXニュースは違いますよ。
FOXニュースは両サイドの意見を報道しますから。
大統領の意見と副大統領の意見を。
しかし、ブッシュ大統領になってからの五年間、
ホワイトハウスの記者の皆さんはずっとイイ子ちゃんでした。
ブッシュ大統領の無茶な減税についても、
イラクに大量破壊兵器がなかったことについても、
野放しの地球温暖化についても、
記者会見であまり突っ込みませんでした。
それらは私たちアメリカ国民が知りたくないことですからね。
あなたがた記者の皆さんは、それを追求しないだけの節度がありますね。
本当に記者クラブは大統領と仲良くやってきました

と、よくぞここまで!と感嘆するばかりの、
全く手を抜かない徹底的な皮肉で、
ブッシュ大統領とその政権、
そして新聞やテレビ局からなる記者クラブを攻め立てたようです。

 
そして彼は、最後にビデオを流します。
その内容は、大統領報道官に扮したコルベアが、
ヘレン・トーマスという記者の、
イラク戦争の正当性に関する質問にタジタジとなる、
という内容でした。

ヘレン・トーマスは、堀部篤史さんによると、
57年間もホワイトハウスのレポートを続けていたにもかかわらず、
イラク戦争について批判を行ったために、
ブッシュによってホワイトハウスを追放されてしまったそうです。

 
Colbert2006080302ビデオ終了後、コルベアは、ヘレン・トーマスを紹介します。

ビデオだと、彼女は涙をぬぐっているように見えました
僕はそれを観て、今まで気づいてなかったことに、改めて気づきました。

このコメディアンは、
場をいい雰囲気にして適当にいい思いをすることより、
一人の老婆とその正義を守ることを優先したのだ、と。
彼は誰にも媚びず、自分が正しいと思ったことを、
しかし一方的に押し付けるのではなく、
笑いというパッケージで巧みに知的に包んだんだと。
そしてそれが彼の武器であり、彼はその武器で、
大統領とその取り巻きばかりの、圧倒的なアウェーで、
たった1人で、堂々と戦ったのだと。

そういう状況を全て込みで知っていてビデオを観ると、
さぞかし爽快で、心の底からスキッとするだろうなと。
 
Colbert2006080303スピーチが終わった後の彼の顔を見てください。
お笑い芸人の顔、というか、
むしろ戦った大人の男の顔、ですよね……

いやすごいなあ!
笑いに何ができるのか、その力を再確認しました。
日本のお笑いは、どうなんでしょうね?
最近はたまにテレビを見ると、
リズムに乗って小ネタを披露したり、
芸人同士で内輪ネタみたいなのをやったり、
みたいのが主流みたいですが、
きっと、観た瞬間に笑って忘れるだけじゃない、
そんなお笑いをする人もいるんでしょうね……

そういう人が、もっと表に出てこないかな……

そして……僕が元々、この「小鳥ピヨピヨ」をはじめた理由も、
アメリカの「戦うお笑いコラムニスト」、
マイク・ロイコのコラムが原因ではないですかそういえば。
かなり人のこと言えないですね……

 
なんてことをぼんやりと思いながら、結論は何も出ないまま。
ちなみにこのホワイトハウス事件は、ちょさかさんによると、
翌日、一切のテレビや新聞で放送されなかったとか。
たまたまとあるケーブル局で流れたのを誰かが発見し、
それからネットを通じて火のように広がっていったそうです。
元々この件を報道しなかったマスコミも、相当叩かれたとか。

 
あと、この件に関して言えば、
かような危険人物をついつい晩餐会に呼んでしまう、
ブッシュ政権も、かなりすごいですけどね。
その、うっかりさん加減が彼の最大の萌えであり、
人気の秘密なのかもしれないです。

 
 
America the Book: A Citizen's Guide To Democracy Inaction (Daily Show With Jon Stewart Presents) (CD)
Jon Stewart

[Amazonで詳細を見る]

p.s.日本語訳がありました!

Ads by Google

コメント

コメントは、Twitterやはてブに、以下のボタンから本記事のアドレスつきでツイート/ブクマしていただくと、上にあるzenbackのウィジェットに反映されます。
  このエントリーをはてなブックマークに追加
または同ウィジェット内のFacebookコメントでお願いしますー。

Facebookのシェアは……されても誰だかわからないのですが、シェア自体は嬉しいので、下にボタンを置かせていただきます。よろしくお願いします。