新浦安のスローフードなおでん屋カフェ「Loco Dish(ロコディッシュ)」


このエントリーをはてなブックマークに追加

ここからちょっと広告です。

広告は以上です。

Locodish2007050600

 
数年前から、ひいきにしているカフェがあります。

それは、表参道や代官山ではなく、
新浦安の閑静な住宅街の中にあり、

よく煮込まれた静岡おでんと、
千葉近郊で採れた有機野菜のみを使った料理を出し、

コーヒーもお茶もお酒も美味しく、
プリンやケーキなどのデザートも美味しく、

妙にアットホームスローフードで、
元OL店長が仲間と企画し運営しているという、

そういう、店長に言わせると「おでん屋」なカフェです。
名前を「Loco Dish(FIreFoxだとメニュー選べず。IEで見てください)」と言います。

しょっちゅうお邪魔しているのですが、
運よく先日行ったときにデジカメを持っていたので、
いろいろ写真で紹介がてらレポします。

 
------------------------------------------

 
 
Locodish2007050601

 
これがお店の入り口。
新浦安駅の目の前の大通りを、
ずっと海のほうに歩いていくと、
つきあたりくらいにあります(地図)。
歩くと20分くらいかかるのでご注意。

 
 
 
Locodish2007050602

 
これが店内。夜なので照明暗めです。
テーブルと椅子は低め。
スペースがたくさんとられていて、ゆったりしています。
BGMはラウンジやクラブジャズ系の曲が多いです。

 
 
 
Locodish2007050603

 
これがメニュー。毎日店長が手書きしています。
上にちょこっと店長日記のようなものが書いてあって、
きっとマニアにはたまらないのだと思います。

そのとき採れる野菜によって、
毎回半分くらいメニューが変わります。
けど、定番メニューも半分くらいあるので、その点では、
店長は、毎日同じことを手書きしていることになります。

この、のんびりした愛情のこもったメニューは素敵です。
Yahoo!とかもこれを見て反省して、
毎日トップページを手書きにすればいいと思います。

 
 
 
Locodish2007050604

 
活メ鯛のお刺身
LocoDishにお刺身なんて、はじめて見ました。
すごくモチモチしてて、甘くて、美味しかったです。

 
 
 
Locodish2007050605

 
大根皮のシークワーサーポン酢。定番メニューです。
たぶん静岡おでんに入っている大根の皮だと思うのですが、
大根の味とシークワーサーの味が両方しっかりあって、
お漬物好きの僕にはたまりません。

 
 
 
Locodish2007050606

 
茨城レンコンのサクサクフライ
本当は4枚あったのですが、
2枚食べたときに写真を思い出しまして……

 
 
 
Locodish2007050607

 
子大豆もやしをにんにくじょうゆでシャキシャキ炒め
という名前のメニュー。
シャキシャキがちょうど良くて美味い。

 
 
 
Locodish2007050608
 
春ですから! たけのこ+大葉しょうゆ
すごく柔らかくて美味しかったです。
スイカの要領で、皮ギリギリまで食べました。

 
 
 
Locodish2007050609

 
静岡の釜揚げしらす
LocoDishは、基本的には千葉近郊の食材を使うのですが、
店長が静岡出身のため、ときどき静岡の料理が混ざります。
このしらすが、またすごく甘くて美味しい!
どんぶり一杯いけそうです。

 
 
 
Locodish2007050610

 
これが「静岡おでん」。1品150円也。
味が染み込んでいて美味しいです。
このおでんの牛筋と煮汁を使った
ロコ丼」というご飯モノのメニューモあります。

 
 
 
Locodish2007050611

 
デザートの「まろりんプリン」。
たぶんLocoDishの超名物。食べた人全員が、
「ほんとうに『まろりん』って感じだった!」
と、目をハートにして身悶えるという、
恐るべき逸品です。
デザート好きはぜひ一度お試しください。

 
 
 
Locodish2007050612

 
店長さん。
笑顔ガーリーヒップホップなファッションが素敵です。
元々オリエンタルランドで飲食関係の企画をしていたそうです。
ネットにもいくつかインタビューが出てました()。
フードビジネスのコンサルもしてるみたいです。サイトはこちら

 
 
 
------------------------------------------

 
LocoDishは、とにかく、非常に雰囲気のいいお店です。
ここにくると、いつも、とても歓迎されている気になります。

単に接客や料理やサービスが良いというだけではない、
おもてなし」の心を強く感じるお店です。

毎日手書きされるメニューも、その一例でしょう。
トイレにいっても、おしぼりやら綿棒やら盛りだくさんです。
スタッフの態度もフレンドリーかつ丁寧で、
飲み物も食べ物も、毎回少しずつ改良が加えられている。

「え!? こんなところまで!?」というくらい、
本当に細かいところまでいろいろ工夫していて、
その、痒いところに手が届いている感じが、
このお店の、何よりの魅力だと思います。

 
こういうお店を紹介するのは、難しいですね。
人気店になって人が殺到したら嫌なので、
自分だけの隠れ家みたいにしておきたい気もするし、
でも良いお店なので、客足が途絶えてつぶれないように、
積極的に紹介して集客に協力したい気もするし。

でも、ぜひ一度行ってみてください。
行きづらいところにあるので大変ですが、
きっと後悔しませんよ。想像以上に満足すると思います。

店長さんは当ブログのことは知ってるので、
「小鳥ピヨピヨ見て来ました」って言うと、
もしかすると何かもらえるかもしれません。
たぶん……少なくとも笑顔くらいは……

p.s.「小鳥ピヨピヨ見て来ました」というと甘味モノもらえるそうですので、ぜひ試してください。

 
 
だもんで静岡おでん
新井 由己 (著)

[Amazonで詳細を見る]

Ads by Google

コメント

コメントは、Twitterやはてブに、以下のボタンから本記事のアドレスつきでツイート/ブクマしていただくと、上にあるzenbackのウィジェットに反映されます。
  このエントリーをはてなブックマークに追加
または同ウィジェット内のFacebookコメントでお願いしますー。

Facebookのシェアは……されても誰だかわからないのですが、シェア自体は嬉しいので、下にボタンを置かせていただきます。よろしくお願いします。