デブだって、いつも食べ物のことを考えているわけじゃない


このエントリーをはてなブックマークに追加

ここからちょっと広告です。

広告は以上です。

Nortoriousbig2007052901

 
 先週末、ageHaに入場するために、深夜長蛇の列に並んでいたんです。

 僕の後ろには、デブヤセの2人組がいました。
 見た目は……2人ともヒップホップ風。2人ともタンクトップ。2人ともつばを折ってないキャップをかぶっている。
 ヤセは普通の若者ですが、デブは超寡黙です。

 イメージできましたでしょうか?
 ヤセは列に並ぶのに退屈しきって、寡黙なデブにいろいろ話しかけはじめました。

 ヤセ:「あーもう、こんなんじゃあ、家で卵焼きでも食ってた方がマシだったよ、なぁ?」

 え?

 なんで卵焼き? 好きなの!? ヒップホップと関係あるの!?
 僕の疑問は急速に膨らみ、耳はダンボになりましたが、寡黙なデブは微動だにせず、一言も発しません。

 
 
 
 ヤセはデブの興味を引けなかったことに気づき、少し考えた後、急に盛り上がって楽しそうに、別の話題を振ってきました。

 ヤセ:「あのさ、おまえ、ゴキブリをパッと手でつかんだら100万円やるっていったら、やる!?」

 デブ:「………………やる」

 ヤセ:「やるんだー! 俺は考えちゃうよ! そんくらいゴキブリ嫌いなんだよなー!」

 寡黙なデブは黙ったままです。
 ヤセは、さらにお題を出してきます。

 ヤセ:「じゃあさじゃあさ、口に一瞬だけゴキブリを含んで、すぐパッと吐き出していいんだけどとにかく一瞬だけ含んで、それで1000万円だったら、おまえやる!?」

 デブ:「………………やる」

 ヤセ:「マジでー! おまえすごいねー! ホント尊敬するよ! 俺絶対無理だわー!」

 ……見事なまでに内容のない会話です。
 これほど徹底的にどうでもいいトークは、なかなかできるものではありません。なんだって土曜の深夜に男が2人で、寒空の中タンクトップだけで立ち尽くし、こんな話をしなくてはならないのでしょうか?

 僕はこの歴史的瞬間を忘れないように、携帯を取り出して、必死で彼らの会話をメモしだしました。

 ヤセ:「ねえねえ、じゃあさ、あのさ、サクランボのヘタを舌で結ぶのあるじゃん!? あの要領でさ、ゴキブリの足を口の中で結んだらさ……」

 どうやらヤセは、1000万円以上の、すごい報酬を考え出そうと、頭をひねっているようです。

 ヤセ:「……あのさ、もう、天国みたいな……」

 天国!? 発想力が貧困なのか豊かなのか……

 ヤセ:「……もう無限! 一生のうち使える金が無限!」

 まあ無限は一番大きいからね……

 ヤセ:「お前、無限って知ってる? スト2の時間無制限の、あの無限のマークの無限」

 無限を表現するのに、スト2以外の道はなかったのでしょうか?

 ヤセ:「無限に金使っていいの! そうしたらおまえ、やる!? ねえねえ、やる!?」

 1人で異常な盛り上がりです。どうやら退屈すぎて、頭がショートしだした様子。
 寡黙なデブは黙ってお題を聞いた後、熟考してたのか聞いているうちに寝てしまったのか、しばらくしてから、こう回答しました。

 デブ:「………………やらない」

 ヤセ:「……そっかぁ、そうだよなあ、やらないよなあ、うん、俺だってやらないもんなあ」

 
 
 ヤセはしきりに腕を組んで、うなずいています。
 僕はもう、2人の会話をメモるのに必死です。この後すぐ、

 ヤセ:「なあ、オージービーフは超美味いよな」

 と話しはじめたのですが、僕はしばらく今までの会話をメモることに集中し、このオージービーフの話はパスすることにしました。

 
 
 やっとメモってから、再び2人のトークに耳を傾けてきました。
 すると、ヤセが飽きもせずに、寡黙なデブにお題を振り続けていました。

 ヤセ:「もうさー、お前いま、何が一番食いたい? 言ってみ!? なあ、言ってみ!?」

 ヤセは、ひたすら食べ物の話を振ってきます。しかし寡黙なデブは黙ったままです。

 ヤセはとうとうネタが尽きたのか、列に並ぶのに飽き飽きしたのか、投げやりな調子でこう叫びました。

 ヤセ:「退屈だーなんか話をしてくれよー! シュークリームの話でも人形焼きの話でもいいからさー!」

 太ってる人だって、いつも食べ物のことを考えているわけじゃない、僕はそう教えてあげたかったのですが、タイミングをはかれないまま、入場の順番が来てしまいました。

 
 
 ただ、今思うと、あのヤセがひたすら食べ物に関係のある話ばかりをしていたのは、きっとヤセはデブのことが大好きで、なんとかしてデブに楽しんでほしかったからなんでしょうね。自分も退屈していたけど、相方にも笑ってほしい、みたいな。
 数時間後、トイレで、この2人が、ならんで小便をしているのを発見しました。
 2人は大の仲良しなんですね。俺はお前たちが大好きだ!と抱きしめたくなりましたよ。
 見た目は怖そうだけど話すといいヤツって、よくいるじゃないですか。
 この2人はきっとそのタイプなんだと思います。

 
 
グレイテスト・ヒッツ
ザ・ノトーリアスB.I.G. (アーティスト), ジュニア・マフィア (アーティスト)

[Amazonで詳細を見る]

 
 
デブになってしまった男の話
鈴木 剛介 (著)

[Amazonで詳細を見る]

Ads by Google

コメント

コメントは、Twitterやはてブに、以下のボタンから本記事のアドレスつきでツイート/ブクマしていただくと、上にあるzenbackのウィジェットに反映されます。
  このエントリーをはてなブックマークに追加
または同ウィジェット内のFacebookコメントでお願いしますー。

Facebookのシェアは……されても誰だかわからないのですが、シェア自体は嬉しいので、下にボタンを置かせていただきます。よろしくお願いします。