イケメンの前世


このエントリーをはてなブックマークに追加

ここからちょっと広告です。

広告は以上です。

Zense2007061401

 
 例によってタリーズコーヒーで、人生の行き先について漠然とした不安を抱きつつコーヒーをすすっていたときのこと。

 隣の大学生グループが、前世の話をしていました。
 サーファー風のイケメンな若者が、自分の前世を調べたそうで、それを女子大生3人組に熱心に話していたのですが……

 
 
 
イケメン:「俺さ、この前、前世を占ったんだよ」

女子大生:「へー! で、どうだったどうだった?」

イケメン:「いや、それがさ……」

女子大生:「なにもったいぶってんの! 早く言いなさいよ!」

イケメン:「俺、前世は、コーヒー豆だったんだって……」

 
 
 
 そう言ってイケメンは、悲しそうな、しかしどこか懐かしそうな目で、かつては親兄弟だったかもしれない、レジカウンター後ろの、粉々に挽かれるのを待っているコーヒー豆に目をやりました、ような気がしましたが、僕の全くの気のせいだったかもしれません。

 確かにそのイケメンは焦げ茶色に日に焼けていました。もしかすると、それは彼がスポーツマンあるいは日サロに足しげく通ったせいではなく、前世がコーヒー豆だったからなのかな、と思いながら、僕はコーヒーをもういっぱい飲んだ、そんな梅雨の昼時でした。
 いずれにしろそのイケメンは、女子大生3人組を笑わせることができたのだから、充分元は取れたと満足してるとは思います。

 
 
前世ソウルリーディング―あなたの魂はどこから来たのか
ジャン スピラー (著), 東川 恭子 (翻訳)

[Amazonで詳細を見る]

Ads by Google

コメント

コメントは、Twitterやはてブに、以下のボタンから本記事のアドレスつきでツイート/ブクマしていただくと、上にあるzenbackのウィジェットに反映されます。
  このエントリーをはてなブックマークに追加
または同ウィジェット内のFacebookコメントでお願いしますー。

Facebookのシェアは……されても誰だかわからないのですが、シェア自体は嬉しいので、下にボタンを置かせていただきます。よろしくお願いします。