掃除片付けの問題点


このエントリーをはてなブックマークに追加

ここからちょっと広告です。

広告は以上です。

07092901souzi01

 
 グレンラガン、とうとうもうすぐ最終回ですね。いやー超久々に熱くなるアニメでした。

 
 さて。
 僕は基本的には掃除、片付け、皿洗いといった家事が好きでまあまあちゃんとやるのですが、この「ちゃんとやる」にも「良いちゃんとやる」と「悪いちゃんとやる」があるなあ、と思ってます。

 数週間ほど、いつになく家事をちゃんとやってる時期がありました。
 何か最近ちゃんとしてるなー自分、と思ったのですが、あるとき、ふと気が向いて、自分の意識の流れに丁寧に注意を向けてみたんですよね。

 そしたら、片付けるところとか、掃除するところを探していたんです。「どっかないかなあ」って。
 これは何か違うなー、どっかおかしいと感じました。

 よくよく考えてみると、その時、僕は人生の進路について迷っていて、それについて真剣に考えたり、いろいろ試してみたり、話し合ってみたりしなくちゃいけない時でした。
 本当に手がけなきゃいけないことから逃げるために、掃除や洗濯など、「明らかにやった方がいいこと」に時間を割いて、「僕はやるべきことをやっている」と、擬似的な満足感を得ていたんですね。

 
 これ、家事だけじゃなくて、仕事とか他の活動にも言えるんじゃないかと思います。

 自分が、最近もの凄くもの凄くちゃんとやってる!と感じたら、「もしかしたら、よりヘビーな何かから逃げてるんじゃないか」と思い直してみてもいいかもしれません。

 また、自分以外でも、周囲にキチキチとやりすぎている人がいたら、それに自分を合わせて自分が疲れきっちゃうんじゃなくて、少し距離を置く方がいいかもしれません。その人は別の問題から逃げるために、そうしているだけかもしれないのですから。その人がちゃんとしていて自分がダメ人間なわけじゃなくて。

 
 
天元突破グレンラガン

[Amazonで詳細を見る]

Ads by Google

コメント

コメントは、Twitterやはてブに、以下のボタンから本記事のアドレスつきでツイート/ブクマしていただくと、上にあるzenbackのウィジェットに反映されます。
  このエントリーをはてなブックマークに追加
または同ウィジェット内のFacebookコメントでお願いしますー。

Facebookのシェアは……されても誰だかわからないのですが、シェア自体は嬉しいので、下にボタンを置かせていただきます。よろしくお願いします。