ブログのネタをどこでどう思いつくか


このエントリーをはてなブックマークに追加

ここからちょっと広告です。

広告は以上です。

Odoroki2008020701


こんにちは。FFTA2はホント面白いですね。
ドラクエ4はハマれなかったのですが、FFTA2は超ハマってます。

さて。

小鳥ピヨピヨを読んでくださっている人と会うと、
ほとんど100%の確率で、

「ブログのネタはどうやって作るんですか?」

と聞かれます。

そりゃ、不思議ですよね。別に仕事でもないのに、
ずっと同じテンションのまま、もう4年半。
他のサイトのネタをコピペして紹介するだけ、
という記事もあまりなく、
1本1本ちゃんとひねって書いてる。

ネタ切れになったりしないのかな、
と心配されても仕方ありません。僕も心配ですし。

 
ただ。
どうやって思いついているかはともかく、
どこで思いついてるのかは、
わりと明確に回答できます。

 
 
 
それは……

 
 
 
風呂場。
特に最初のひと湯を浴びた瞬間、
頭の中に妖精が矢を打ち込んだみたいにして、
たて続けに3つくらい思い浮かぶんですよね。

 
 
 
だから……

 
 
 
それからが勝負なんです。

だって、書き留めとかできないじゃないですか。
もう濡れちゃってて外に出れないし。

だから僕は風呂から上がるまで、
このたった今思いついたブリリアントなアイディアを、
ずっと憶えておかなくちゃいけないわけです。

ボーッとしてたらダメです。100%忘れます。
だから思いついたことを、
後で連想しやすいキーワードに落とし込んで、
そのキーワードを何度も頭の中で繰り返すんです。

特に僕は、風呂が長いんです。
半身浴とかやって汗をたっぷりかくのが習慣なので、
なんだかんだいって40分~50分くらい、
毎日風呂に入ってます。

 
 
 
つまり、僕が風呂に入ってるシーンを、
FFTA2のように斜め上から観察してるとすると……

 
 
 
裸の僕が、風呂場に入ってくる。
  ↓
最初のひと湯を身体にザバーッとかける。
  ↓
その瞬間、Σ(゚□゚)ハッ!!!と、
何かに気付いたような表情をする。
  ↓
そのあと50分の間、緊張した面持ちで、
何か単語をつぶやいたり、
必死で何かを思い出そうとしたりしながら、
お風呂に入ったり身体を洗ったりしてる。
  ↓
風呂から上がると、大急ぎで机に向かって、
PCに何か単語を打ち込み、
ようやく安堵の表情を浮かべる。

 
 
 
そんなことを毎日繰り返してるように見えるんだと思います。

脱衣所にメモなどを置いておけば安心なのかもしれませんが、
そうすると今度は、ひと湯を浴びた後は思いつかなくなって、
シャンプーなどをはじめて外に出て行けなくなった瞬間に
思いつくようになるんですよね。

まったく天邪鬼な無意識です。

なんか、毎日毎日同じ段差につまづいて転ぶ猿みたいで、
クレバーじゃないことはなはだしく情けないのですが、
最近はもう、これもカルマだと受け入れて、
これも記憶力の訓練になってるに違いないと、
前向きに考えるようにしています。

 
いつか、ブログ用小ネタばかりでなく、
「エウレーカー!」と叫んで裸のまま飛び出したくなるような、
壮大な作品とか大きなプロジェクトのアイディアも
思いつくといいですね。

まあその後は、真剣に引越しを検討しなくちゃ
いけなくなるでしょうが……

 
 
アイデア・ブック スウェーデン式
フレドリック・ヘレーン (著)

[Amazonで詳細を見る]

Ads by Google

コメント

コメントは、Twitterやはてブに、以下のボタンから本記事のアドレスつきでツイート/ブクマしていただくと、上にあるzenbackのウィジェットに反映されます。
  このエントリーをはてなブックマークに追加
または同ウィジェット内のFacebookコメントでお願いしますー。

Facebookのシェアは……されても誰だかわからないのですが、シェア自体は嬉しいので、下にボタンを置かせていただきます。よろしくお願いします。