【整体生活】立春の季節の過ごし方


このエントリーをはてなブックマークに追加

ここからちょっと広告です。

広告は以上です。

Riyun20080218

 
先日、整体の先生から聞いた話。

毎年今の季節になると、

便秘気味
●体が急にかゆくなった
嘔吐下痢高熱などの激しい体調崩れを起こしている

といった症状を訴える人が増えるんだとか。
で、これはその先生に言わせると、
全くもって当たり前で、
かつ、「そんな季節の対応方法
というのもあるんだそうです。

ええ、ちゃんと対応方法も聞いてきましたよ。
もしかしたらどなたかの役に立つかもしれないので、
以下、聞いたことをメモしておきます。

 
====================================

 
【ここ数週間の症状】

便秘気味
●体が急にかゆくなった
嘔吐下痢高熱などの激しい体調崩れを起こしている

  
【原因】

日本人の身体は、立春(2/4くらい)を過ぎると、
自動的に体が「冬モード」から「春モード」に
移行していきます。身体の雪解けと言いますか。

すると、腎臓肝臓が活発に動き出し、
冬の間溜まった老廃物や余分な水分を、
対外に排出しようとします。

これが上手に排出できないと、
身体の様々なところに、影響が出てきます。

(間違ってたらスミマセン! でも大体こんな感じだったと思います……)

 
【対策】

この時期には、
排出」を意識するのが基本。
具体的には、

を出す
便通を良くする

の2つ。

ではどうしたらいいでしょう?
その整体の先生の場合は、今の時期、
糸こんにゃくを1日1パックほど、
味噌汁に入れてバクバク食べるそうです。

他には、お酢やグレープフルーツ(つまりクエン酸)や
あさりしじみ春の山菜
「体内に溜まったものを排出」するには効果的だとか。

半身浴したり運動したりして、
汗をよく出すのも大事だそうです。

 
【その他】

この時期にちゃんと排出ができていると、
もっと春が近づき肝臓の働きがさらに活発になったとき、
肝臓がスムーズに働いて、結果として、
花粉症などのアレルギーも緩和されるそうです。

 
====================================

 
日本は季節が細かく移り変わるため、
人体には結構負担の大きい地域です。

ですから、昔の人は、それぞれの変わり目に、
食べ物や生活習慣を切り替えて、
上手に環境と身体を調和させてきました。

ただ、今はその生活の知恵が失われつつあり、
その結果として、
昔はなかったような体調の崩し方をする方が、
増えてきているんだそうです。

 
以下の本では、そんな
「日本の気候に合った生活のコツ」
の一部を紹介してます。
もし興味がある方は、お手元に置いといてみてください。

 
整体生活和の暦
寺門 琢己 (著)

[Amazonで詳細を見る]

 
僕も一冊持っていて、ときどき見返しては、
生活に組み入れています。
とてもいい本なのですが、僕の場合、
もう何度も読みすぎてほぼ憶えてしまっていて……

これの超ド詳しいバージョンを出してくれないかなあ。

Ads by Google

コメント

コメントは、Twitterやはてブに、以下のボタンから本記事のアドレスつきでツイート/ブクマしていただくと、上にあるzenbackのウィジェットに反映されます。
  このエントリーをはてなブックマークに追加
または同ウィジェット内のFacebookコメントでお願いしますー。

Facebookのシェアは……されても誰だかわからないのですが、シェア自体は嬉しいので、下にボタンを置かせていただきます。よろしくお願いします。