シンクロニシティではない場合


このエントリーをはてなブックマークに追加

ここからちょっと広告です。

広告は以上です。

こんにちは。もし東京近郊で、
自然がいっぱいのところを散策できて、
1〜2泊くらい快適に泊まれるようなトコがあったら、
ぜひコメントなりメールなりで教えてください>_<

ところで。

先日、2人の女性が、

女子A、B:「すごいシンクロニシティがあったの!」

と、興奮して話しかけてきたので、聞いてみました。

 
Synchronicity20081021
熊野で起きたプチ奇跡のメモより:

  
僕:「へー、どんな?」

女子A:「この前、帽子を落としたの。それに駅αで気づいたのよね。
     で、ずっと落ち込んでたんだけど、
     ふと思い立って、駅βで降りて駅員に聞いてみたら、
     なんと! その帽子があったの!」

僕:「へー、すごいねー」

女子B:「で、私はちょうどその日、駅γで帽子を拾ったの!」

女子A:「で、Bちゃんが駅γで帽子を拾ったときと、
     私が駅αで帽子がないのに気づいたのが、
     たぶん同じくらいの時間だったの!」

僕:「へー! Aちゃんが落とした帽子をBちゃんが拾ったの!?」

女子B:「ううん、私が拾ったのは別の帽子だったんだけど、
     同じ日にAちゃんは帽子を落とし、私は帽子を拾ったの!」

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
それ、シンクロニシティでも何でもなくない?

だって、違う帽子なんでしょ?
Aちゃんが落とした帽子をBちゃんが拾ったら奇跡だけど、
Bちゃんの行為は、別にAちゃんと何の関係もないし、
Aちゃんにまったく役に立ってないんじゃない?

危ない危ない。うっかり騙されるところでしたよ。
 
 
と言ったら、

女子A、B:「すごい偶然の一致なの!」

と睨まれたので、僕は平身低頭で同意しました……

 
 
でもまあ、「帽子」という意味では、確かにちょっとは
シンクロニシティが起きてる気はします。はい。

まあその偶然の一致は、最終的には、
僕に小鳥に書くネタを提供するためにあったのかもしれませんが。
えっと、神さま、いつもありがとうございます。

 
 
日本シンクロ栄光の軌跡―シンクロナイズドスイミング完全ガイド
金子 正子

[Amazonで詳細を見る]

Ads by Google

コメント

コメントは、Twitterやはてブに、以下のボタンから本記事のアドレスつきでツイート/ブクマしていただくと、上にあるzenbackのウィジェットに反映されます。
  このエントリーをはてなブックマークに追加
または同ウィジェット内のFacebookコメントでお願いしますー。

Facebookのシェアは……されても誰だかわからないのですが、シェア自体は嬉しいので、下にボタンを置かせていただきます。よろしくお願いします。