高校生は、音楽CDのことをなんと呼ぶか?


このエントリーをはてなブックマークに追加

ここからちょっと広告です。

広告は以上です。

冨田さんから、すごい話を聞きました。

 
 
問題:
最近の高校生は、音楽CDのことをなんて呼んでるでしょうか?

 
 
 
 
 
答えは……

 
 

 
 
 
 
「マスター」だそうです。

もちろん、たまたまインタビューしていた高校生から聞いた話、だそうですので、その子のクラスまたは学校の中だけで流行ってる言葉かもしれません。

流れとしては、つまりこういうことです。例えば、クラスで誰かが、

「おーい、浜崎の新しいアルバムのマスターゲトったぜ」

と言います。そしてクラスの子全員に回覧して貸します。
CDを受け取った子は、iTunesか何かにそのアルバムを取り込んで、次の人に回します。

回覧が終了したら、そのCDはポイ。
もうパソコンに取り込んだから、不要なのです。

 
 
まあ、聞いた話なので、本当のところはわからないですけどね。
ただ、音楽の売り上げが落ちてる理由って、ネットじゃなくて、CDが原因なのかもしれないですね。

 
 
 
 
A COMPLETE ~ALL SINGLES~ [CD+DVD]
浜崎あゆみ

[Amazonで詳細を見る]

 
 
update:コメント欄を見る限りは、全部の高校生が「マスター」という呼称を使うというわけではないようです。そしてたとえ今そんなに欲しくないものでも、とにかく何でもコピってるのは実際そうみたいです。

 
 

Ads by Google

コメント

コメントは、Twitterやはてブに、以下のボタンから本記事のアドレスつきでツイート/ブクマしていただくと、上にあるzenbackのウィジェットに反映されます。
  このエントリーをはてなブックマークに追加
または同ウィジェット内のFacebookコメントでお願いしますー。

Facebookのシェアは……されても誰だかわからないのですが、シェア自体は嬉しいので、下にボタンを置かせていただきます。よろしくお願いします。