夏のクソ暑い中での布袋


このエントリーをはてなブックマークに追加

ここからちょっと広告です。

広告は以上です。

先日、部屋を掃除していて、もうずいぶんと前の暗黒の思い出を発見してしまったのです。

 
-----------------------

 
あれは大学生くらいのクソ暑い田舎道を歩いていたときのこと。

が渇いて渇いて死にそうで、一刻も早く冷たい飲み物が飲みたかったのですが、なかなか自販機に巡りあえません。

最初に渇きを覚えてから、もう大分経ちます。ちょっと頭が朦朧とするくらいヤバくなったそのとき、ようやく1つの自販機を見つけることできました。

キンキンに冷えたジュースが飲みたい! 喜び勇んで小銭を入れてたら、ガチャンとこれが出てきたんです。


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Hotei2009012301

布袋缶。

知ってますか布袋缶? 当時サントリーか何かのプロモーションで、自販機で飲み物を買うと、ときどき飲み物の代わりに、この缶が出てきたんです。
缶には、なんとも表現しがたいスーツを着た布袋が、こっちを見て変なポーズを取っています。
ちなみに裏はこんな感じ。

 
Hotei2009012302

 
やはり変なポーズをとっています。
中には布袋のCDが同封されています。ええ、液体など一滴も入っていません。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「ほんとありえない」
いったいどんな因果律が僕と布袋をここで出会わせたのでしょう? ここまで嬉しくないサプライズは生まれてはじめてです。
缶にプリントされた布袋にいくら訴えかけても、彼は僕の喉の渇きを理解してくれそうにはありません。大量のセミがけたましく鳴く中、田舎道で僕は、布袋缶を握り締めて一人、力なく立ち尽くしていました。

 
------------------

 
もし僕が布袋が好きだったら結構ラッキーだと思ったのでしょうが、あの日以来、以前に増して彼を僕の人生から遠ざけるようになりましたね……
でも、もうずいぶんと経つのに未だにこれを捨ててないということは、本当は僕は布袋のことが……確かに、彼がカソリック系小学校の小学生だった頃、教師に「長髪はやめろ」と言われて「イエス様はロン毛だ」と言い返したというエピソードは好きですが……

えっと、布袋缶欲しい人は連絡ください。あげます。

 
 
アルジャーノンに花束を
ダニエル キイス (著), Daniel Keyes (原著), 小尾 芙佐 (翻訳)

[Amazonで詳細を見る]

Ads by Google

コメント

コメントは、Twitterやはてブに、以下のボタンから本記事のアドレスつきでツイート/ブクマしていただくと、上にあるzenbackのウィジェットに反映されます。
  このエントリーをはてなブックマークに追加
または同ウィジェット内のFacebookコメントでお願いしますー。

Facebookのシェアは……されても誰だかわからないのですが、シェア自体は嬉しいので、下にボタンを置かせていただきます。よろしくお願いします。