ガチで凹んだときは「リグレト」を思い出して


このエントリーをはてなブックマークに追加

ここからちょっと広告です。

広告は以上です。

ちょっと凹む出来事があったと話していたら、nobiさんから「そういうときはリグレト」と教えてもらいました。

 
Rigretotitle20090205リグレト
みんなで「ヘコむ」を楽しもう!

 
リグレトはサービスリリース時にちょっと触ったことがあるのですが、そのときは、テスト的に愚痴を書いただけなんですよね。だから感想も「ふーん、なるほど」くらい。

でも、今回みたいにガチで凹んだときに使うと……「これ、今の世の中に必要不可欠なインフラじゃね!?」という気すらしてきました。
あまりにも素晴らしかったので、改めて紹介させていただきます。

 
 
リグレトの素晴らしいところは、「アカウント登録が不要」なところです。これによって、手続きが簡略化されるだけではなく、時として微妙な内容にもなる「凹んだこと」を、匿名で共有することができます。

何か凹んだことがあったら、画面下部の「ヘコんだことをうちあける」をクリックして、

 
Rigreto2009020501

 
凹んだ内容を短く書きます。

すると、自分の発言がふわふわしたダイアログになって画面に浮かびます。
だいたい1時間くらい待って見てみると……自分の発言の上に、赤丸で囲まれて数字が書かれているのが目に付くと思います。これが「なぐさめメッセージの数」です。

 
Rigreto2009020502

 
そこで自分の発言をクリックすると、他の方からのなぐさめメッセージを読める、っていう感じです。
他の人を慰めたいときは、なぐさめたい発言をクリックして、画面下の「なぐさめる」ボタンを押して、ひとこと書いてあげます。

 
Rigreto2009020503

 
 
アカウント登録不要だし、匿名だから、100%じゃないけど、割と気軽にコメントがつきます。
見ず知らずの人に優しい言葉を投げかけてもらうと、たとえそれが現状の解決のためには見当外れなアドバイスだったとしても、なんだか癒されます。

1発言の文字数も短いし、発言自体が半日弱で消えちゃうので、大手小町のような「コメントを全部読むのに2日かかる」みたいな泥沼にはまることもありません。
携帯電話にも対応しているので、街中でちょっと利用することも可能です。

ちょっとだけ残念だったのは、なぐさめてくれた人に「ありがとう」を返すときにはアカウント登録が必要なこと。何かサービス的な理由があるのでしょうが、微妙な内容を書いたときとかは、アカウント登録を躊躇してしまいます。名前が相手に表示されないかどうかよくわからなかったし。
ここもアカウント不要だったらなお良かったのに。

とはいえ、不況だとかなんだとか、何かと凹むことが多い現代、こういう「人の暖かみ」をソーシャル化するサービスは、ますます求められるようになってくるんじゃないですかねー。
みんながみんな、ビジネス書にあるように「問題の発見とその解決」というルーチンで動けるわけじゃないしね。

 
 
ビジネススクールで身につける問題発見力と解決力
小林 裕亨 (著), 永礼 弘之 (著)

[Amazonで詳細を見る]

Ads by Google

コメント

コメントは、Twitterやはてブに、以下のボタンから本記事のアドレスつきでツイート/ブクマしていただくと、上にあるzenbackのウィジェットに反映されます。
  このエントリーをはてなブックマークに追加
または同ウィジェット内のFacebookコメントでお願いしますー。

Facebookのシェアは……されても誰だかわからないのですが、シェア自体は嬉しいので、下にボタンを置かせていただきます。よろしくお願いします。