異常に深いメッセージが込められてるかもしれないポスター


このエントリーをはてなブックマークに追加

ここからちょっと広告です。

広告は以上です。

何度見ても、何が言いたいのかさっぱり判りません。
もしかしたら、ものすごく深いメッセージがこめられているのかも……

 
Tokyu20090209

 
このポスターは、渋谷駅構内で見つけたものです。
駅にあるのだから、当然車内でのマナーを諭すのが目的のポスターなのだと思うのですが……いくら穴の開くほど眺めても、浮かんでくる感想は、

 
● どう考えても、亀を虐待している方が悪い

● マナーと変かどうかというのは関係ない気がする

 
といったものばかり。そして、「そういえば子供の頃、誰かのことを「変なの!」といってはやし立てるのは、いじめの常套句だったよなあ」とか、余計な暗いことを思い出してになっていってすらしてしまいます。まだ月曜日なのに。

もしかしたら中世の宗教画のように、表の意味と裏の意味が異なる、かなりラディカルなポスターなのかもしれませんね。今週いっぱいはこの謎解きだけで楽しめそうです。

 
 
イコノロジー研究
エルヴィン パノフスキー (著), Erwin Panofsky (原著), 浅野 徹 (翻訳), 塚田 孝雄 (翻訳), 福部 信敏 (翻訳), 阿天坊 耀 (翻訳), 永沢 峻 (翻訳)

[Amazonで詳細を見る]

Ads by Google

コメント

コメントは、Twitterやはてブに、以下のボタンから本記事のアドレスつきでツイート/ブクマしていただくと、上にあるzenbackのウィジェットに反映されます。
  このエントリーをはてなブックマークに追加
または同ウィジェット内のFacebookコメントでお願いしますー。

Facebookのシェアは……されても誰だかわからないのですが、シェア自体は嬉しいので、下にボタンを置かせていただきます。よろしくお願いします。