ハリウッド版『ドラゴンボール』の楽しみ方


このエントリーをはてなブックマークに追加

ここからちょっと広告です。

広告は以上です。

話題のハリウッド映画『ドラゴンボール』をレイトショーで観てきました。

 
Dragonball2009031101

 
感想ですか? そうですね……
なんというか、端的に言うと……

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Dragonball2009031102
 
頭痛と脱力が止まりませんでした。

 
 
原作と全く違うのは元より了解していたのですが、映画としても完璧破綻してて……
始まって5秒でもうダメな感じで……ウォッチメンの完成度の高さを見た直後だったので余計に……

オラなんだかワクワクがどんどんしなくなっていって……

まあ僕には、ファンをして「夢なら早くさめてほしい」とまで言わせた実写版デビルマンというトラウマがあるので、それに比べれば良かったですが、それにしても……

一緒に行った1人のmegさんがいみじくも漏らした、

「ホントびっくりした」

というひとことがピッタリくる、そんな驚愕の90分でした。

 
 
ただですね……
あまりといえばあまりに突っ込みどころ満載なので、その後の中華料理屋(よりによって「悟空」という名前)での飲み会が異常に盛り上がったんですよ。
そういう意味では、以下のような楽しみ方をすれば、

  1. 複数人で見に行く
  2. その後、思いのたけをぶつける場を用意する(飲み会など)

なかなか楽しい1日を過ごせるのではないかと思った次第です。なんでも捉え方次第ですね。

 
 
起きていることはすべて正しい
勝間 和代 (著)

[Amazonで詳細を見る]

 
 
p.s.前売りを買ってくれたmayumineが、「(前売りについてきた)ベアクリップどっちがいいですか?」と聞いてきたのですが、

 
Dragonball2009031103

 
あの映画見た後の今の段階で「どっち」って言われてもなあ……もう全然つける気しないんですけど……

Ads by Google

コメント

コメントは、Twitterやはてブに、以下のボタンから本記事のアドレスつきでツイート/ブクマしていただくと、上にあるzenbackのウィジェットに反映されます。
  このエントリーをはてなブックマークに追加
または同ウィジェット内のFacebookコメントでお願いしますー。

Facebookのシェアは……されても誰だかわからないのですが、シェア自体は嬉しいので、下にボタンを置かせていただきます。よろしくお願いします。