現実的すぎるブログのアクセス数


このエントリーをはてなブックマークに追加

ここからちょっと広告です。

広告は以上です。

漫画は基本的に荒唐無稽なものではありますが、そこに何らかのリアリティがあると、より一層のめりこむことができます。
ただ、リアリティが行きすぎると、逆に現実に引き戻され、戸惑うこともあるのではないかと思われます。

例えば昨日、スピリッツで、『バンビーノ!』が再開されていたので、読んでみたのです。

 
Baibino2009040701

 
バンビーノ!はイタリア料理店の厨房を描いた漫画。主人公は新しくオープンする店で働きはじめますが、そこにわけありの料理評論家がやってきます。

その評論家がですね、元は……

 
Baibino2009040702

 
だったそうで、今でもネット上で大きな影響力を持っているらしく、彼のブログのアクセス数が、なんと1日で……

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Baibino2009040703

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
何この現実的な数字。
8千。漫画なんだからもっと大げさに言っちゃってもいいのに、万の位にも達していない。
驚いていいのかどうか悩む、非常に微妙な数。

たいていの人はこのコマを見て

「8千! それはすげー!」

とはならず、むしろ

「8千? へー、ブログって、そのくらいアクセスが行くとカリスマってことになるのかー」

トリビアを身につけたような気持ちになることでしょう。

この現実身のあるアクセス数設定は、きっとブレーンがいるに違いありません。
誰なんでしょうね。「ジャンルが特化しているブログでアクセスが8千/日行ったら、相当影響力があると思っていいですよ」という、非常に業界に精通したアドバイスをしたのは。
早めに名乗り出ていただけると幸いです。

 
 
バンビ~ノ!
せきや てつじ (著)

[Amazonで詳細を見る]

Ads by Google

コメント

コメントは、Twitterやはてブに、以下のボタンから本記事のアドレスつきでツイート/ブクマしていただくと、上にあるzenbackのウィジェットに反映されます。
  このエントリーをはてなブックマークに追加
または同ウィジェット内のFacebookコメントでお願いしますー。

Facebookのシェアは……されても誰だかわからないのですが、シェア自体は嬉しいので、下にボタンを置かせていただきます。よろしくお願いします。