それが一番避けたいんだって


このエントリーをはてなブックマークに追加

ここからちょっと広告です。

広告は以上です。

いきなり一番を押さえると、それ以下のものは、どうでもよくなってしまうのですね。

それは先週末、友だちの結婚式(おめでとうございます!)に行く途中の電車内での出来事。

2人の女性が僕の目の前に立って、旅行の話をしていました。
どうやら片方が、どこかの洞窟に行く様子。

 
A子:「暗くて静かで涼しいところが好きなのよねー」

B子:「へー」

 
みたいな感じで、特にどうということはない世間話だったのですが……

 
A子:「でも、ちょっと怖くもあって、本当に行こうかどうか迷ってるのよ」

B子:「怖いって?」

A子:「だって、変な生き物とかいるかもしれないじゃない」

 
そう不安がるA子を、B子は、こう笑い飛ばしたのです。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
B子:「平気よー! 幽霊くらいしかいないんじゃない?」

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
それが一番怖いって!

一番避けたいパターンだって。洞窟にいる幽霊なんて、超恨みが深そうじゃない!? 時空歪めて一生洞窟に閉じ込められそうじゃない!?

 
 
A子はB子のひとことを聞いて、黙ってしまいました。どうやら洞窟旅行のキャンセルを真剣に検討しはじめた模様です。
まあどこに行っても、幽霊いるかもしれませんからね。
ほら、たとえばあなたの今座っている机の下とかに……

 
 
洞窟オジさん―荒野の43年 平成最強のホームレス驚愕の全サバイバルを語る
加村 一馬 (著)

[Amazonで詳細を見る]

Ads by Google

コメント

コメントは、Twitterやはてブに、以下のボタンから本記事のアドレスつきでツイート/ブクマしていただくと、上にあるzenbackのウィジェットに反映されます。
  このエントリーをはてなブックマークに追加
または同ウィジェット内のFacebookコメントでお願いしますー。

Facebookのシェアは……されても誰だかわからないのですが、シェア自体は嬉しいので、下にボタンを置かせていただきます。よろしくお願いします。