【タリーズ伝説】名言を連発する大学生


このエントリーをはてなブックマークに追加

ここからちょっと広告です。

広告は以上です。

先日、某タリーズコーヒーで、オードリーの春日Lifehacking.jpのmehoriさんを足して2で割ったような顔の大学生が、深刻そうに、先輩に進路相談をしていたのです。

なぜ面接が通らないのか、ずっと自問自答しています。先輩は静かに聞いてあげています。
このご時世の就職活動、大変ですよね。僕は少し同情していました。

ところが。
このよくある日常風景が、思いもよらなかった展開を見せはじめます。

それは1時間ほどしてからのこと。先輩は次の用事のために席を立ち、入れ替わるようにして、次は後輩らしき男女2人が、このLifehacking春日のもとへやってきたのです。

すると、

Lifehacking春日は、さっきとはまるで違った人かのように、口元に微笑を浮かべ、足を組んでリラックスしてふんぞり返り、先輩風を吹かすではありませんか。

待って待って! だってさっきまで、あんなにショゲてたじゃない!?
なにその変わり身の早さ!?

しかも……

Lifehacking春日は、タリーズ中に響くような大声で、朗々と「大学生のあるべき姿」を語り出したのです。

さらに……

その後輩へのアドバイスがことごとく名言だらけで、僕を含む彼の前後左右の客たちは、全員完璧に持っていかれてしまう羽目に。

いやはやすごいひと時でしたよ……
今思い出しても神がかった発言の数々。ここでその一部を紹介します。

 
 
【Lifehacking春日の名ゼリフ集】

「『最近の学生が元気がない』というのは、年寄りが自分たちの身の保全のために広めているデマだ」

「学生の熱いところを見せてやれ!!」

「全国の大学生が自分の大学のニュースサイトを作って、それを全部ヤフーニュースに流すのだ!」

「学生のグループを毎年表彰するアカデミー賞を作るのだ! 賞なら取材が入りやすい」

「オレたちはプロの芸人じゃないから滑る。だから拾える人間が大事なのだ」

「『拾える人間が大事』は脳科学的に証明されたことだ」

「オレはロジカルシンキング罰ゲームを毎日考えている」

「学生時代に身につけるべきは外人のモノマネである。これは必ずウケる」

「俺たちって、小さいころからやりたいと思ってることとかたくさんあるけど、ほとんどの人が実際にはやったことないことが1つある。『お菓子の家を作る』ことだ!」

「インターネットでは写真を小さくしろ! 大きい写真だと、見た側がわかった気になって、そのまま画面を閉じてしまう」

 
 
今まで誰も聞いたことがないような人生の極意がビッシリで、目からこぼれるウロコがドントストップです。
しかも後輩がまたうまくて、いちいち「なるほどー」って感心するんです。
ツッコミの介在しない、ボケと受けというパターンの完成形を見た思いがしました。

彼はきっと、希望通りの仕事に就けると思います。
生活が落ち着いたら、ぜひ僕も後輩にしてくださいね。

 
 
オードリー DVD
出演: オードリー(春日), オードリー(若林)

[Amazonで詳細を見る]

Ads by Google

コメント

コメントは、Twitterやはてブに、以下のボタンから本記事のアドレスつきでツイート/ブクマしていただくと、上にあるzenbackのウィジェットに反映されます。
  このエントリーをはてなブックマークに追加
または同ウィジェット内のFacebookコメントでお願いしますー。

Facebookのシェアは……されても誰だかわからないのですが、シェア自体は嬉しいので、下にボタンを置かせていただきます。よろしくお願いします。