Twitterっぽくブログを書く


このエントリーをはてなブックマークに追加

ここからちょっと広告です。

広告は以上です。

この2つのエントリを読んで。

Web=ストリーム論からブログ・ブロガー論 2009年夏版
「呼吸するようにブログを書く」とは暮らしの中にブログを書くことが組み込まれている人

ふーんなるほど。

起承転結も構成もオチもなく、ただメモのようにブログを書くというのと、読者の生活のリズムに無理なく組み込まれる、っていうのは、論理はわからないけど経験則的には、確かになんだか関連がある気がしますね。

ためしに、今思ったことを、起承転結やオチがない感じで、メモのように書いてみます。

 
 
 



 
 

「トレイの紙がなくなった」と「トイレの紙がなくなった」は、1文字入れ替えただけなんだけど、全くコトの重要性が違う。

 



 
 
 
なんかTwitterのつぶやきっぽくなりました。
さすがに小鳥ピヨピヨでも、ここまでメモくさい記事は稀だなー。そっか、こういうヤマもオチもないことを気軽にかけるから、TwitterやTumblrは流行ってきているのかもしれないですね。

でも逆に、ブログという場で、このくらい適当なことをサラリとポストするのは、なんだか新鮮です。「ああ、こんなんでいいんだ」みたいな。
ちょっと快感。クセになるかも。

p.s.さっそくコグレさんにTumblrされました。Twitterっぽくブログに書いた文章がTumblrされてTwitterに流れるのか。世の中はどんどん複雑になっていきますね。

 
 
ザ・コピーライティング―心の琴線にふれる言葉の法則
ジョン・ケープルズ (著), 神田 昌典 (監修), 齋藤 慎子 (翻訳), 依田 卓巳 (翻訳)

[Amazonで詳細を見る]

Ads by Google

コメント

コメントは、Twitterやはてブに、以下のボタンから本記事のアドレスつきでツイート/ブクマしていただくと、上にあるzenbackのウィジェットに反映されます。
  このエントリーをはてなブックマークに追加
または同ウィジェット内のFacebookコメントでお願いしますー。

Facebookのシェアは……されても誰だかわからないのですが、シェア自体は嬉しいので、下にボタンを置かせていただきます。よろしくお願いします。