本の帯の保管方法


このエントリーをはてなブックマークに追加

ここからちょっと広告です。

広告は以上です。

村上春樹の最新作『1Q84』を買いました。

 
1q842009060901

 
まだ数章しか読んでいません。あまりにも楽しみにしていたせいで、メロン牧場のように、もったいなくて毎日1~2ページしか読めないのです(メロン牧場も結局、最後20ページくらい残してストップ中)

ところでみなさま、本の帯ってどうしてますか?
捨ててる? 破らないように大事に読む? ブックカバーを被せて保護? 別のところに保管?
捨てる人も、たまに捨てるには惜しい帯ってありません?

僕は、友だちの編集者に教えてもらった、この方法で帯を保護しています。

 
1q842009060903

 
ちょっと判りにくいかもしれませんが、本の表紙カバーの下に帯をかけるのです。
そうすると読むとき邪魔にならないし、捨てずにも済みます。
もしかしてポピュラーなやり方かもしれませんが、一応情報共有ってことで。

 
 
 
関係ないですが、本の最後の方に書いてあるこの注意書きって、今の世の中の難しさわずらわしさを端的に象徴しているようで、思わず作品の一部かと疑いました。

 
1q842009060902

 
やれやれ。

 
 
1Q84 BOOK 1
村上春樹 (著)

[Amazonで詳細を見る]


1Q84 BOOK 2
村上春樹 (著)

[Amazonで詳細を見る]

Ads by Google

コメント

コメントは、Twitterやはてブに、以下のボタンから本記事のアドレスつきでツイート/ブクマしていただくと、上にあるzenbackのウィジェットに反映されます。
  このエントリーをはてなブックマークに追加
または同ウィジェット内のFacebookコメントでお願いしますー。

Facebookのシェアは……されても誰だかわからないのですが、シェア自体は嬉しいので、下にボタンを置かせていただきます。よろしくお願いします。