会話中に英語が混じる


このエントリーをはてなブックマークに追加

ここからちょっと広告です。

広告は以上です。

いつものようにタリーズにいたら、広告代理店?の人っぽい2人のサラリーマンが、何か話し合っていたんですよね。

1人は20代半ば、もう1人は40代くらい。
かなり熱く語り合っていたのですが、席が遠かったこともあって、内容はよく聞こえませんでした。

まあよくある光景ではあるので、無視して仕事をしていたのですが……

この2人が急に半立ちになり、僕にも聞こえるくらいの大きな声で、こう怒鳴りあったのです。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
40代:「それとこれとは話がディファレントだ!」

20代:「いやセイムでしょう!」

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
もう仕事するのあきらめました。
気になって仕方ありません。ルパンに心を盗まれたクラリスのようです。
っていうかなにその英語の使い方。もしかして業界用語?


でも……よく考えたら僕も、会議中に「それはアグリーです」とか言ってるかもしれません……なんだか恥ずかしくなってきました……

 
 
ルパン三世「カリオストロの城」
出演: 山田康雄, 増山江威子 監督: 宮崎駿

[Amazonで詳細を見る]

日本人の英語
マーク ピーターセン (著), Mark Petersen (原著)

[Amazonで詳細を見る]

Ads by Google

コメント

コメントは、Twitterやはてブに、以下のボタンから本記事のアドレスつきでツイート/ブクマしていただくと、上にあるzenbackのウィジェットに反映されます。
  このエントリーをはてなブックマークに追加
または同ウィジェット内のFacebookコメントでお願いしますー。

Facebookのシェアは……されても誰だかわからないのですが、シェア自体は嬉しいので、下にボタンを置かせていただきます。よろしくお願いします。