可愛いモバイルルーターで、家庭内LANはWPAのまま、ニンテンドーDSでWEP接続


このエントリーをはてなブックマークに追加

ここからちょっと広告です。

広告は以上です。

やった! 家の無線LANWPA2なのに、ニンテンドーDSでドラクエ9のWi-Fiショッピングができた!

 
Ds2009091801

 
旧ニンテンドーDSは無線LANの暗号方式としてWEPのみに対応していますが、実はこのWEPは一瞬で解読されてしまうという、セキュリティ的に非常に脆弱なものなのです(DSi以降はWPAに対応)。

だから、家の情報部分が全てやりとりされる家庭内LANでWEPを使うなどもってのほか……なのですが、そうすると、家ではニンテンドーDSの無線が楽しめないということになってしまいます。

そこで今回の方法の出番。最近あちこちにモニター試用レポートが上がっている「Personal Wireless Router(PWR)」をNTT-BPから借りたので、これをブリッジにして、接続実験をしてみました。構成としてはこんな感じ。

 
Ds2009091802

 
結果は見事に成功家庭内LANのセキュリティは確保したまま、ニンテンドーDSでWi-Fi通信を楽しめました。


-------

今回はたまたま借りたPWRで接続しましたが、別に他のルーターのブリッジモードでもできると思いますので、ハードなニンテンドーDSユーザーはぜひご家庭内に導入されてはいかがでしょうか?

それにしてもこのPWRっていうガジェットを使っていると、妙にSF的な未来に住んでる気がしてきます。PWRは少し前から一部ハードなネットワーカーに人気の「モバイルルーター」というジャンルに属する機器で、以下のようなメリットがあります。

  • PCやその他ネットワーク機器(ニンテンドーDSなど)に直接つながないので、機器側のバッテリーを消費しない
  • 自動的にその場所での最適なネットワークにつながる(Wi-Fiがあればそちらに、なければdocomoのHSDPAに)
  • 周辺にいる人最大8人まで同時につながる

なので、タリーズにいてもどこにいても、アッという間に快適なネットワーク環境を構築して、仕事したり会議したりネトゲしたりできます。

何よりも、モバイル機器に最も大事な「ファッション性」が意外と高い。

 
Ds2009091803

 
小さくて、丸っこくて柔らかそうで、スッキリしたデザインで。
普通に可愛いです。女性のバッグなどに入ってても「なにこれ万歩計?」みたいな感じで違和感ないデザイン。

まだこのPWR、もうすぐ発売でまだ非売品らしいのですが、ホームページがありますのでご興味のある方はチェックしてみてくださいー。

 
 
Linuxによる情報リテラシー入門
岩堀 祐之 (著), 伊藤 宏隆 (著), 李 鼎超 (著), 舟橋 健司 (著), 高木 浩光 (著)

[Amazonで詳細を見る]

Ads by Google

コメント

コメントは、Twitterやはてブに、以下のボタンから本記事のアドレスつきでツイート/ブクマしていただくと、上にあるzenbackのウィジェットに反映されます。
  このエントリーをはてなブックマークに追加
または同ウィジェット内のFacebookコメントでお願いしますー。

Facebookのシェアは……されても誰だかわからないのですが、シェア自体は嬉しいので、下にボタンを置かせていただきます。よろしくお願いします。