サウナは究極の快楽ドーピング工場なのか


このエントリーをはてなブックマークに追加

ここからちょっと広告です。

広告は以上です。

僕はこれまで、一度もサウナに興味を持ったことがありません。数年に一度くらい、何かのついでにちょっと入ってみては「あー汗かいて気持ちよかった」程度。

しかし……これを読んでしまった僕は今、サウナに入りたくて入りたくて仕方ありません

 
Sado2009102901タナカカツキの
サ道

 
この連載コラムは、伊藤ガビンさんと、僕も一部プロモーションのお手伝いをしている、やたらカラフルな飲み物「vitaminwater」による、全力でヒマをつぶしにいくサイト「dailyvitamins」の1コーナーです。

内容はビタミンウォーターとか全然関係なく、ひたすらサウナの話。
で……その説明がマジ洒落になってないんですよ。

詳しくはエッセイ本体の方を読んでいただけると判るのですが、はしょって説明すると、どうやらサウナって、いったんやり方に気づいてしまうと、強烈にピースな合法ドラッグ並の気持ちよさらしく、

 
Sado2009102902

 
もっと早くのりピーにも教えてあげたかったって話ですよ。

エッセイによると、サウナの快楽を知るコツは以下のとおり。

  • サウナと水風呂を行ったりきたりすること
  • 水風呂では動かずじっとしてること

特に水風呂は大事で、上手に入ると以下のような状態になり、

 
Sado2009102903

 
深い瞑想を行ったのと同じようなニルヴァーナの境地に達するのだとか。

そして、心は瞑想状態、身体は血行が良くなり、身も心もガンガン健康的になるので、一度サウナの中でネガティブ思考を試してみたらしいのですが、

 
Sado2009102904

 
どんなにがんばっても前向きにしかなれなかったんだとか。

もちろん、サウナ以外にも汗をかく方法はたくさんあります。有酸素運動やウォーキングもそうだし、僕も時々ここで話題にする整体師の寺門琢己さんも、腰湯などを行って毎日汗をかくことが以下に身体に良いかということを力説しておられますし、僕も毎日やっています。

しかし……もしかしたらサウナには、そんな単純な健康法を越えたものがあるのではないか。
それに気づいた人だけが共有できる、快楽のドーピングとも言うべき、全身を使ったエンタティメントなのではないか。

そんな気がしてなりません。ああ早く時間見つけてサウナに行ってみたいなぁぁ。

 
 
新しいバカドリル ボックスセット
タナカカツキ 天久聖一 (著)

[Amazonで詳細を見る]

Ads by Google

コメント

コメントは、Twitterやはてブに、以下のボタンから本記事のアドレスつきでツイート/ブクマしていただくと、上にあるzenbackのウィジェットに反映されます。
  このエントリーをはてなブックマークに追加
または同ウィジェット内のFacebookコメントでお願いしますー。

Facebookのシェアは……されても誰だかわからないのですが、シェア自体は嬉しいので、下にボタンを置かせていただきます。よろしくお願いします。