間違たパソコンの知識を持ったまま会話した場合


このエントリーをはてなブックマークに追加

ここからちょっと広告です。

広告は以上です。

電車で座っていたら、僕の目の前に立っていたサラリーマン2人が、自分のパソコンについて話し合っていたんです。

 
リーマンA:「なんかさー、最近オレのパソコン、使いにくいんだよなー」

リーマンB:「オレもオレも。インターネット立ち上げるとさあ、女の裸みたいなのが写ってる画面が何十枚も開いて、まずそれを消さないとインターネットできないんだよなー」

 
疑いようもなくウイルスまみれなご様子。Nimda変種? または何かのスパイウェアが入っちゃったんでしょうか?
本人もうっすら気づいているようなのですが……


 
 
 
リーマンA:「オレのパソコンも、立ち上げるといつも『ウイルスソフトがない』とかなんとかいう吹き出しが出てきて、ウザいんだよなー」

リーマンB:「ファイアーウォールにすれば?」

リーマンA:「ファイアーウォールって?」

リーマンB:「えーっと、会社のパソコンのことだろ?」

リーマンA:「へー、じゃあ家のパソコンは?」

リーマンB:「さあ……ウィンドウズXP、じゃねえかなあ」

リーマンA:「XPのどれ? 3種類あるだろ?」

リーマンB:「3種類って?」

リーマンA:「なんだっけな…普通のXPと、ビスタ、と、あとってヤツ」

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
混乱が極まっていらっしゃいます。コンランショップっていうか。

もはや言ってることが全く判りません。どこが違うとかそういうレベルじゃなくて、奇跡的に食い合わせの悪い具材ばかりが入った闇鍋のような、全体的にNGな感じ。

でも、確かに業界以外の人にとっては、ハードとしてのパソコンと、OSと、ソフトと、回線と、ネットと……って、ややこしくて判りにくいことこの上ないですよね。
そりゃimodeが大流行したわけだ。

僕は当然のことながら、立ち上がって会話に割って入り、正しい知識を伝えることなく、無言で目的地にて下車しました。
でもまあ、これだけ間違いに間違いを重ねていると、うっかり「ウィルスってウィンドウズのこと?」と正しい認識に至ってしまうかもしれませんね。

 
 
テレンス・コンランの収納術
テレンス コンラン (著), 遠藤 裕子 (翻訳)

[Amazonで詳細を見る]

Ads by Google

コメント

コメントは、Twitterやはてブに、以下のボタンから本記事のアドレスつきでツイート/ブクマしていただくと、上にあるzenbackのウィジェットに反映されます。
  このエントリーをはてなブックマークに追加
または同ウィジェット内のFacebookコメントでお願いしますー。

Facebookのシェアは……されても誰だかわからないのですが、シェア自体は嬉しいので、下にボタンを置かせていただきます。よろしくお願いします。