適当なインチキイタリア語でイタリア人と会話する


このエントリーをはてなブックマークに追加

ここからちょっと広告です。

広告は以上です。

タリーズでは、よく英語のマンツーマン講習が行われていますが、その日、僕の隣にいたのは、イタリア語の会話レッスンのようでした。

Tullys2008032701

生徒はおじさん。先生は目鼻立ちのはっきりした美人
おじさん、美人を前に目が輝いています。
美人は、レッスンがはじまる前の雑談で、おじさんの何語だかさっぱりわからないトークに、しきりに「Si、Si」とうなづいています。

僕は特に気にせず仕事に集中していたのですが……

突然聞こえてきた予想外の言葉に、思わず我が耳を疑いました。

それは、おじさんが、先生の提示した書類を見てたとき。
恐らく契約とか支払いの書類なのでしょう。おじさんは一通り目を通した後、先生の方を向いて、指でOKサインを作って、こう言ったのです。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
おじさん:「コノケーンハ、ノチホード!」

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
それ完璧日本語だよ!
発音がイタリア語っぽいだけだよ!

まるでタモリのインチキ外国語のようです。
頭の中でいろんなことがゴッチャになっちゃったのかな……そして、そんなおじさんに笑顔でうなづいた先生を見て、ああ働くってのは大変なことなんだな、と身が引き締まる思いがしましたよ……

 
 
モーレツ!イタリア家族
ヤマザキ マリ (著)

[Amazonで詳細を見る]

Ads by Google

コメント

コメントは、Twitterやはてブに、以下のボタンから本記事のアドレスつきでツイート/ブクマしていただくと、上にあるzenbackのウィジェットに反映されます。
  このエントリーをはてなブックマークに追加
または同ウィジェット内のFacebookコメントでお願いしますー。

Facebookのシェアは……されても誰だかわからないのですが、シェア自体は嬉しいので、下にボタンを置かせていただきます。よろしくお願いします。