ベネトンの「フォロー数分だけ割引」イベントに行ってきた


このエントリーをはてなブックマークに追加

ここからちょっと広告です。

広告は以上です。

先週土曜日、ベネトン(Twitterは@benettonpress新宿店が「フォロー数分だけ割引きます」というイベントをしておりまして。

すごろく屋が編み出したTwitterマーケティングがとうとう大企業にまで波及した模様。
ところで僕のフォロー数は今20万くらいなのですが、この日はちょうど近くにいたので、

Benetton2010031601

サクッとベネトンに行ってくることに。

Twitter上で、「ベネトン逃げてー!!」などのRTや返信が滝のように流れる中、黙々とお買い物してきましたので、以下に簡単なレポートと感想をさせていただきます。

------------------

Benetton2010031602

入り口では、日本のマンガに影響を受けたグラフティアーティストdtvがライブペインティング。

 
Benetton2010031603

1階(女性)、2階(男性)、3階(キッズ)の様子。

 
Benetton2010031604

ベネトンの人が自らフォロー数分割引を宣伝。
「いちるです」って自己紹介したらちょっと笑顔が固まってました。

 
Benetton2010031605

AR三兄弟とも遭遇

 
Benetton2010031606

ゴルゴサーチ中村さんが、
「僕をベネトンに染め上げてください!」
とオーダーしていました。

オススメしてもらった洋服は、全部買うそうです。
結果は……

 
 
 
 
 
 
Benetton2010031607

すごい! 全然違う!
こんなに変わるものなんだ。ファッションって楽しいなあ。

 
さて、僕はといえば、ベネトンの中の人は「23万円行っちゃってください」と言ってくださったのですが、やはりちと鬼畜過ぎる気もするし、でも、ここまで盛り上がってるのに、すごろく屋のときみたいに4000円くらいしか買わないというのはナシな気もするし、と悩んだ挙句……

 
 
 
 
 
Benetton2010031608

お会計中。

 
 
 
 
 
Benetton2010031609

三分の一くらい、8万円ほどを買わせていただきました。

 
Benetton2010031610

購入後に現金でキャッシュバック。ベネトンのみなさまに申し訳ない気持ちがどんどん膨らんできます。
でも、ベネトンの人たちも、お店中からお札をかき集めながら、

「なんかこのキャンペーンすごい! 楽しい!」

おかしなテンションになっていたので、まあ良かったのだと思います。
お疲れさまでした……

------------------

このイベント自体の詳しいレポートは深水さんのブログをご覧ください。

ところで個人的には、今回ベネトンへの印象がだいぶ変わりました。どう変わったかというと、

● お値段高め → 意外と安い
● 色が派手過ぎ→ (いい意味で)地味

です。
今まで僕には、ベネトンっていうと、カラフルすぎるブランド、というイメージがあったんですよね。

GAPに近いんだけどGAPよりもターゲット層が狭くて偏ってる。だから、悪くはないんだけど、ベネトン行くくらいなら、ついGAPに行っちゃうような、僕の中ではそんな位置づけだったんです。

でも、今回ゲットした服も、例えば、

 
Benetton2010031614 Benetton2010031611 Benetton2010031612 Benetton2010031613

 
こんな感じで、別にビビッドで目が痛いような色を使ってない服も多かったし、シルエットもタイトなものばかりではなく、選びやすかったです。

でも、アクセントに色を使うときは、とても発色の良い、ベネトンらしい綺麗な色を使ってきます。
値段も高くないし、これからGAPやユニクロでお買い物しようという方は、いつも一緒にベネトンも覗いてみてはいかがでしょうか?

 
 
ベネトンの世紀
ジョナサン・マントル (著), 今野 里美 (翻訳)

[Amazonで詳細を見る]

Ads by Google

コメント

コメントは、Twitterやはてブに、以下のボタンから本記事のアドレスつきでツイート/ブクマしていただくと、上にあるzenbackのウィジェットに反映されます。
  このエントリーをはてなブックマークに追加
または同ウィジェット内のFacebookコメントでお願いしますー。

Facebookのシェアは……されても誰だかわからないのですが、シェア自体は嬉しいので、下にボタンを置かせていただきます。よろしくお願いします。