「チンギス・ハーンとモンゴルの至宝展」に行ってきた


このエントリーをはてなブックマークに追加

ここからちょっと広告です。

広告は以上です。

と、いうわけで、ご招待されたので、昨日みぞれの降る中を、江戸東京博物館の「チンギス・ハーンとモンゴルの至宝展」に行ってきたでございます。

Mongol2010031000

数十分という短い間でしたが、非常に興味深いものをたくさん見せていただきました。
先に挙げた3本の記事の他に、

モンゴル展の音声ガイドがユー・ガッタ・チャンスだった件
1890万円の黄金の冠をつかむ
狂える木馬

特に気を惹かれたものを、以下にいくつか紹介します。

 
Mongol2010031001

中央に大きく十字架
古代シリア文字とモンゴル文字が併記された磁器版。

モンゴル帝国時代に、景教(ネストリウス派キリスト教)が伝播してきたのだそうです。なんだかミステリーを感じます。

 
Mongol2010031002

牛角杯
牛の角からできていて、モンゴル族が盟約や誓いを立てる際に使われる伝統的な杯だそうです。
おされです。

 
Mongol2010031003

どっからどう見ても王が座ってたとしか思えない椅子。
手すりが鹿角で、背もたれにはドラゴンのレリーフ。超クール。ゲームに出てきそう。

 
Mongol2010031004

可愛い! モンゴル将棋!

 
あんま全部見せるとネタバレになるのでこの辺で。
興味ある方はぜひどうぞ。4月11日までの開催です。

モンゴルいいですね。いつか一度行ってみたいなあ。草原を歩いてみたい。

 
 
モンゴルンルン
太田 千絵 (著)

[Amazonで詳細を見る]

Ads by Google

コメント

コメントは、Twitterやはてブに、以下のボタンから本記事のアドレスつきでツイート/ブクマしていただくと、上にあるzenbackのウィジェットに反映されます。
  このエントリーをはてなブックマークに追加
または同ウィジェット内のFacebookコメントでお願いしますー。

Facebookのシェアは……されても誰だかわからないのですが、シェア自体は嬉しいので、下にボタンを置かせていただきます。よろしくお願いします。