1890万円の黄金の冠をつかむ


このエントリーをはてなブックマークに追加

ここからちょっと広告です。

広告は以上です。

チンギス・ハーンとモンゴルの至宝展」にて。

本展示会にご招待いただいた方のご好意で、今回の一番の目玉、黄金でできた「鷹形金冠飾り」のレプリカを触る機会ををいただきました。

 
Mongol2010030903

 
レプリカといえど、ほぼ本物と同じつくりで、値段は1890万円だそうです。
さっそく、触らせていただきます。

 
Mongol2010030904

 
ものすごい無造作(by @nobiに掴んでるように見えますが、まあ、いくら高価といってもレプリカですからね。
唯一無二で二度と復活できない歴史的な遺物よりは、緊張しません。

ちなみに、なぜ1890万円なんですか? と聞いたところ、このような答えが返ってきました。

「黄金と、それを加工するので1800万円。あと消費税が90万円です」

消費税……急に現代社会のせちがらさが立ち現れてきましたね……
いずれにしろ、売る気マンマンなようです。どなたかお金持ちの方がいらっしゃったらどぞ。

 
 
世界を創った男 チンギス・ハン
堺屋 太一 (著)

[Amazonで詳細を見る]

Ads by Google

コメント

コメントは、Twitterやはてブに、以下のボタンから本記事のアドレスつきでツイート/ブクマしていただくと、上にあるzenbackのウィジェットに反映されます。
  このエントリーをはてなブックマークに追加
または同ウィジェット内のFacebookコメントでお願いしますー。

Facebookのシェアは……されても誰だかわからないのですが、シェア自体は嬉しいので、下にボタンを置かせていただきます。よろしくお願いします。