ナノイー搭載レッツノート


このエントリーをはてなブックマークに追加

ここからちょっと広告です。

広告は以上です。

お恥ずかしながらこの2年くらい、ずっとナノイーがお気に入りでして。

トンデモかもしれないという疑いは抱きつつも、実感として気持ちがいいので、家では加湿機空気清浄機にナノイー対応のものを使い、次はオフィスの机にナノイー発生機を置きたいなあと夢想しております。

だからというわけではないのですが……これにナノイー機能を入れてみてはどうですかね?

 

 
そう、ノートパソコンの雄、Let's noteに、です。
考えてみれば、ノートパソコンほど長時間身体の近くに置いておくものはありません。だったらそこからは、電磁波などの微妙に不安なものだけではなく、心身に良い何かも出ていていいはずです。

また、最近のノートパソコンは、超低価格なネットブック系にシェアを奪われつつある気がします。もちろんLet's noteをネットブック化してくれてもそれはそれで嬉しいですが、価格据え置きで何ができるかを考えた場合、従来の延長線上にはない斬新な機能拡張があってもいいと思うのです。

今のナノイーブームを鑑みれば、健康志向のお年寄りたちやアンチエイジングに余念のないアラフォー前後の女性が、ナノイー対応ノートパソコンの購入を検討することは想像に難くありません。

また、世界へのインパクトも大いに期待できます。「ジャパンはマジでヤバい。世界中がネットブックやタブレットPCに流れていってるってのに、マイナスイオンを出すPCだと!?」驚愕する白人や黒人、アジア人の顔が眼に浮かぶようです。
日本にはかつて、「人肌に暖まってるだと!?」「水が吹き出て尻を洗うだと!?」などの便座異常進化で、世界をざわざわさせた実績があります。その伝説をもう一度再現することすら、不可能ではないのではないでしょうか?

いかがでしょうかパナソニックさま。この機に乗じて、世界にその名を轟かせてみませんか? 応援します!

 
 
竜馬がゆく
司馬 遼太郎 (著)

[Amazonで詳細を見る]

Ads by Google

コメント

コメントは、Twitterやはてブに、以下のボタンから本記事のアドレスつきでツイート/ブクマしていただくと、上にあるzenbackのウィジェットに反映されます。
  このエントリーをはてなブックマークに追加
または同ウィジェット内のFacebookコメントでお願いしますー。

Facebookのシェアは……されても誰だかわからないのですが、シェア自体は嬉しいので、下にボタンを置かせていただきます。よろしくお願いします。