1歳になる娘にiPadを触らせてみたけど……


このエントリーをはてなブックマークに追加

ここからちょっと広告です。

広告は以上です。

iPadってお婆ちゃん幼児といった、今までコンピューターが苦手だった層でも簡単に使えると聞いたんで、先日1歳になったばかりの娘でも使えるんじゃないかと思ったんですよね。

もし使いこなしているところを動画に撮ってYouTubeなどにあげれば、世界中で話題になるに違いありません。くっくっく。
さっそく赤ちゃん用アプリをしこたまインストールして(興味ある人向け:入れたアプリはBabyTap HDSoundropBloom HDSoundTouchMagic Pianoお絵描きパッドキッズドラムVirtuosoBeatwaveToy Story 3BabyAppsbab bab(iPhone版)やSmackTalk(iPhone版)やクマとスカーフなど)娘にiPadを渡してみました。

確かに、娘は夢中になりました。「あーーーっっっ!」と奇声をあげながら、あちこち押したり引いたりします。

そのうち、とあるひとつの機能を発見して、それを連打するようになったんです。
それは……


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Ipad2010072901

 
ホームボタン(泣)。
ダメよそれを押したらどのアプリも終わっちゃうのよ!

いくら楽しそうなアプリを起動して渡しても、いや、楽しそうであればあるほど、「あーーーっっ!」と興奮して、直後にホームボタンを連打。
当然アプリは終了し、連打してるからiPad内全文検索画面まで直行。
なので、娘が最もよく目にするiPadの画面はこれ↓

 
Ipad2010072902

 
結局、どのアプリも使いこなすには至らず、娘は今日も元気にホームボタンを連打して楽しんでいます。
子育てって難しいですね。

 
 
赤ちゃん学を知っていますか?―ここまできた新常識
産経新聞「新赤ちゃん学」取材班 (著)

[Amazonで詳細を見る]

Ads by Google

コメント

コメントは、Twitterやはてブに、以下のボタンから本記事のアドレスつきでツイート/ブクマしていただくと、上にあるzenbackのウィジェットに反映されます。
  このエントリーをはてなブックマークに追加
または同ウィジェット内のFacebookコメントでお願いしますー。

Facebookのシェアは……されても誰だかわからないのですが、シェア自体は嬉しいので、下にボタンを置かせていただきます。よろしくお願いします。