にわかに内容が想像できない形のメール


このエントリーをはてなブックマークに追加

ここからちょっと広告です。

広告は以上です。

Yamafuzi20100722 先日、有機野菜で有名な「大地を守る会」が経営する広尾の「山藤」でランチを食べていたら、隣に2人の奥様方が座ってきまして。

齢のころは45~50。座った瞬間にマシンガントークがはじまり、しかも終わる気配を見せません。

どうやら結婚して広尾に長く住んでるらしく、地元の催し物の話や、そこにの町内での運営の揉め事、ご近所さんの問題などの話題が中心。
そのうち、会話というか悪口は、どうやらコミュニケーション下手で周囲に迷惑をかけているらしい、とある男性に集中していきました。

うわー言われ放題だなあ、可哀相だなあ、と思いながら、隣でうるさいのを我慢していたのですが……

ふと、片方の奥さんが、その町内の男性を、こう非難したのです。


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
奥A:「だってあの人のメール、主語も述語もないのよ!」

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
逆に興味あるわ。
主語も述語もない文章ってどんなの? 修飾語だけとか?
いったいどんなメールなのでしょう? 想像もつきません。そんなメールは書くほうがむしろ難しい気がするのですが、どうなのでしょうかね……

あ、山藤は大変美味しかったです。ご近所の方はぜひ行ってみてくださいな。

 
 
文章力の基本100題
阿部 紘久 (著)

[Amazonで詳細を見る]

Ads by Google

コメント

コメントは、Twitterやはてブに、以下のボタンから本記事のアドレスつきでツイート/ブクマしていただくと、上にあるzenbackのウィジェットに反映されます。
  このエントリーをはてなブックマークに追加
または同ウィジェット内のFacebookコメントでお願いしますー。

Facebookのシェアは……されても誰だかわからないのですが、シェア自体は嬉しいので、下にボタンを置かせていただきます。よろしくお願いします。