もの凄い日本語を耳にした


このエントリーをはてなブックマークに追加

ここからちょっと広告です。

広告は以上です。

先日、高円寺を歩いていたら、前を歩いていた、たぶん大学生くらいのグループの話がふと耳に入ってきまして。
こんな会話をしていたのです。

 
A夫:「俺、しゅしん」

B子:「出身?」

A夫:「出身じゃねーよ! 『趣味は写真』の略だよ!」

C太:「俺、阿波踊りやってんだぜー」

A夫:「すげー」

B子:「すげー」

C太:「あのさ、『阿波踊りとかけて踊りととく』その心は?」

A夫:「わかんねー」

B子:「むずかしー」

C太:「答えは…………どちらも踊ってるー!」

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
  
  
  
  
  

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
日本語が亡びるとき!!!
なんだか凄いものに遭遇してしまった気がしています。彼らと飲みにいったら、すごい面白いか半端なく腹立たしいか、どちらかでしょうね……

 
 
日本語が亡びるとき
水村 美苗 (著)

[Amazonで詳細を見る]

Ads by Google

コメント

コメントは、Twitterやはてブに、以下のボタンから本記事のアドレスつきでツイート/ブクマしていただくと、上にあるzenbackのウィジェットに反映されます。
  このエントリーをはてなブックマークに追加
または同ウィジェット内のFacebookコメントでお願いしますー。

Facebookのシェアは……されても誰だかわからないのですが、シェア自体は嬉しいので、下にボタンを置かせていただきます。よろしくお願いします。