店員が全員おかんのカフェ「おかん茶家」に行ってみた


このエントリーをはてなブックマークに追加

ここからちょっと広告です。

広告は以上です。

カフェというと、店員も可愛かったりイケメンだったりお洒落だったりするイメージがあります。
恐らく単なる趣味というだけではなく、「あの素敵な人にまた会いたいから、今日もあのカフェに行こう」といったリピーター狙いという、実利的な理由もあるのでしょう。

しかし。

そんなセオリーを完全無視して、店員が一人残らず全員ガチおかんというカフェを見つけてしまったので、ここに紹介したいと思います。

名前はズバリ「おかん茶家」。場所は葛西臨海公園の近く。
パッと見はこんな感じで、

Okan2010100201

Okan2010100202

普通のカフェなのですが、カフェの店員さんに目を向けてみると、


 
 
 
 
 
Okan2010100203

Okan2010100204


 
 
 
 
 
 
 
 
おかんだらけ!

壮観ですよ。カフェの中を、60~70歳くらいのおかんが5~6人、走り回っているんですから。

普通、ひとりくらいは「若くて可愛い子を入れておこうかしら」とか「目の保養にイケメンを雇おうかしら」とか思うじゃないですか。

でもここは、そういう軟派で半端な小細工は一切なし。ワンハンドレッドパーセント純粋混じり気ナシ、全員おかんです。硬派です。

もちろん、見た目だけではなく、その行動も期待を裏切りません。

お客さんが来るまで、店の奥でずっとおしゃべりをしています。
お客さんが来ても気づきません。たいていはお客さんが、店の奥まで店員さんを呼びにいきます。

複数のお客さんがいると、厨房やフロアがパニックに陥ったみたいに大騒ぎになります。
追加で飲み物を注文しようとしたら、
「は!? あ!? はい! はい!」
みたいな慌てふためきぶりで、完璧にバッファーがオーバーフローしていました。

常連さんも慣れたもので、隣に座っていた親子からは、
「お店が落ち着くまで、注文は控えておこうかしらね」
なんていう余裕の発言まで飛び出す始末。

そしてカフェなのに、営業時間は夕方5時まで。
全員おかんですから。夜は家のことやらなきゃいけないんです。

ところで肝心の料理はこんな感じ。

Okan2010100205

Okan2010100206

「おかん茶屋」を名乗るだけあって、家庭の味で、素朴で優しく、美味しいです。
あと、うめジュースも頼んだのですが、これが爽やかで大変美味しかったです。

全体としては、非常に好感が持てるお店です。
近隣の方の常連が多そうなのもうなづけます。

お近くにいらしたかたは、機会があれば寄ってみてはいかがでしょうか?
結構マメにブログを更新したりもしているので、今日のランチを確認してから行ってもいいかも。

【店舗情報】
店名:『母ごころ おかん茶家 おかえり』
サイト:おかんのおもてなし
営業時間:午前10:00~午後5:00(午後4:30ラストオーダー)
定休日:日曜日
所在地:江戸川区中葛西7-17-19(地図
連絡先:03-5658-8856

 
 
おふくろさん
森進一

[Amazonで詳細を見る]

Ads by Google

コメント

コメントは、Twitterやはてブに、以下のボタンから本記事のアドレスつきでツイート/ブクマしていただくと、上にあるzenbackのウィジェットに反映されます。
  このエントリーをはてなブックマークに追加
または同ウィジェット内のFacebookコメントでお願いしますー。

Facebookのシェアは……されても誰だかわからないのですが、シェア自体は嬉しいので、下にボタンを置かせていただきます。よろしくお願いします。