筑波大の学園祭の半端ないマスコットキャラについて調べる


このエントリーをはてなブックマークに追加

ここからちょっと広告です。

広告は以上です。

筑波大学の学園祭のマスコットキャラが半端ないというつぶやきを目にしまして、

Chara201009301

んーどんなもんなのかなー、それほどたいしたものじゃないかもしれないなー、などと半信半疑でリンク先を見てみたのですが……

 
Chara201009302

Chara2010093023

 
 
 
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 
 
 
看板に偽りなしでした。


このおっさん誰!? すごいヤバい人にジッと見られているときのような緊張感を感じるのですがっ!?

検索したら、なんと既にフィギュアもあるようでした。

Chara201009305
小中部屋より)

彼の名前は「キリサー」。どうやら筑波大学の桐のマークをモチーフにデザインされたとのこと。
オリジナルのマークはこんなデザイン。

Chara2010093006

……た、確かに似てはいますね……
それなのに最終的に醸し出すオーラが全然違う……

でも個人的には嫌いじゃありません。土俗的というか、縄文の血が騒ぐというか。
なにやら無視できない存在感を感じます。

僕がもし筑波大学生だったとしても、きっと彼に投票していたと思います。
実際の学生さんたちも、

Chara201009304

きっと同じ気持ちで投票したんだろうなぁ。

学園祭は10/9~11まで。当日は学園のあちこちでこのキャラクターをみることができるそうです。
俄然行きたくなりました。遠足代わりに、筑波まで足を伸ばしてみようかな。

 
 
筑波大学で誕生したまったく新しいゴルフ理論 ―コンバインドプレーン理論のすべて
安藤 秀 (著)

[Amazonで詳細を見る]

Ads by Google

コメント

コメントは、Twitterやはてブに、以下のボタンから本記事のアドレスつきでツイート/ブクマしていただくと、上にあるzenbackのウィジェットに反映されます。
  このエントリーをはてなブックマークに追加
または同ウィジェット内のFacebookコメントでお願いしますー。

Facebookのシェアは……されても誰だかわからないのですが、シェア自体は嬉しいので、下にボタンを置かせていただきます。よろしくお願いします。