1歳半児がマニアックな言葉を覚える


このエントリーをはてなブックマークに追加

ここからちょっと広告です。

広告は以上です。

娘(1歳半)は、最近いくつかの単語をしゃべります。

・パパ
・おいちー
・うまい
・はい
・わんわん
・まんま
・ないない
・あったった(「あった」の意味)

などなど、いかにも幼児らしい言葉が多いのですが、最近それとは明らかに質の異なる、かなり「それは10年後くらいに覚えればいいのではないか」という言葉を覚えまして……

それは、


 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「充電」
です。
携帯電話やPS3のコントローラー、パソコンなどを見ると、給電ケーブルとつながっている部分を指して、

「じゅーでん、じゅーでん」

と言います。

ええ、確かに忘れずにしなくてはいけないことだし、しょっちゅう充電しているし、時には言葉にしたこともあるし、iPadとかも触らせてるのですが……
何だか妙にマニアックな子供になってしまわないかと、面白いながら心配です……

 
 
定本育児の百科〔全3冊セット〕
松田 道雄 (著)

[Amazonで詳細を見る]

Ads by Google

コメント

コメントは、Twitterやはてブに、以下のボタンから本記事のアドレスつきでツイート/ブクマしていただくと、上にあるzenbackのウィジェットに反映されます。
  このエントリーをはてなブックマークに追加
または同ウィジェット内のFacebookコメントでお願いしますー。

Facebookのシェアは……されても誰だかわからないのですが、シェア自体は嬉しいので、下にボタンを置かせていただきます。よろしくお願いします。