「ありがとう」を今風に言うと


このエントリーをはてなブックマークに追加

ここからちょっと広告です。

広告は以上です。

「ありがとう」という言葉があります。恐らくキリスト教圏における「許し」と同じくらいパワフルな癒しの言葉で、言う方も聞く方も気持ちが和み温かくなります。

でも……

この「ありがとう」って、感じで書くと「有難う」ですよね?
つまり「有ることが難しい=滅多にないこと」だから感謝する、という意味。

これって、今風に言うと、

 
 
「ありえなくね?」

 
 
じゃないですかね……

昔の人は「有り難し」を

「マジありえなくね? それ!」

というテンションで言っていたのかもしれません。だいぶ「ありがとう」のとらえ方が変わってきますね……

みたいなことをふと考えたので、忘れないうちにここにメモしておきます。忘れてもまるで問題なさそうだけど。

 
 
人生を変える言葉「ありがとう」
野坂 礼子 (著)

[Amazonで詳細を見る]

Ads by Google

コメント

コメントは、Twitterやはてブに、以下のボタンから本記事のアドレスつきでツイート/ブクマしていただくと、上にあるzenbackのウィジェットに反映されます。
  このエントリーをはてなブックマークに追加
または同ウィジェット内のFacebookコメントでお願いしますー。

Facebookのシェアは……されても誰だかわからないのですが、シェア自体は嬉しいので、下にボタンを置かせていただきます。よろしくお願いします。