砂場で作ったお山にママが加えた物語がすごい


このエントリーをはてなブックマークに追加

ここからちょっと広告です。

広告は以上です。

先日、公園で、3歳くらいの男の子がママとお砂場遊びをしていたんです。

水をかけたりお砂場道具で掘ったり手でペタペタ叩いたりして、どうやら完成した模様。
男の子は、

「大きなお山ができたねえ!」

と感嘆していました。

すると、お母さんは、まるで立て板に水のように、一気に説明をしはじめたのです。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「お山? いいえ、これは鬼が島に設置された『桃太郎迎撃システム』よ。年間予算の28%をかけて建造されたの。
山の各地に配備されたミサイルは誘導式で、巧妙にカモフラージュして遠目にはわからないようにしているから、(桃太郎は)まず逃れられない。
このシステムの特徴はここ(といって山のふもとの真ん中あたりに置いた石を指す)。
これは罠なの。中にはきびだんごがたくさん入っているのよ。
桃太郎の家来たちは皆、きびだんごにつられてきてるだけで忠誠心なんてないから、このきびだんごの山を見て、間違いなく飛びつくわ。
そして桃太郎は、きっとそんな家来たちを追ってくる。
そうやって桃太郎たちをこの地点に誘導して、一気に叩くわけ。そういう作戦よ。」

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
なにこれ帝王学?

いったい子どもに何を教えようとしているのでしょうか?
兵法? 戦術論基礎的な? 孫氏的な?
なんで?

お母さんがこういうの好きなんですかね。それとも子どもが、こういう言い方をすると喜ぶのでしょうか。
男の子は軍事用語的なの好きですものね。

まあ、お母さんのこの説明に対する子どもの反応は、

「へ〜」

だけだったのですけどね。
いろいろ複雑な過程を経て、結局は親子のバランスがとれているのだと思います。

Ads by Google

コメント

コメントは、Twitterやはてブに、以下のボタンから本記事のアドレスつきでツイート/ブクマしていただくと、上にあるzenbackのウィジェットに反映されます。
  このエントリーをはてなブックマークに追加
または同ウィジェット内のFacebookコメントでお願いしますー。

Facebookのシェアは……されても誰だかわからないのですが、シェア自体は嬉しいので、下にボタンを置かせていただきます。よろしくお願いします。